ナゼキニ nazekini

ナゼかキニなるエトセトラ~I am curious about that for some reason.

【バッド・ジーニアス 危険な天才たち】カンニングの話なのに教室を出て海外に行っちゃうスケールの青春サスペンス【タイ映画感想】

当ブログにお運びいただき、ありがとうございます✨ 

一人WOWOW映画祭り中、「ナゼキニ」ブログ筆者の猫目宝石@nazekiniと申します。

 

先日、WOWOWオンデマンドでタイ映画「バッド・ジーニアス」を観てみたら、予想をはるかに上回る面白さだったので、感想を書きます。

よろしくお願い致します。

 「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」とは

 

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」とは、2017年タイで公開された映画作品。日本での公開は2018年↓

www.maxam.jp

 

日本では公開当時話題となり、主演俳優さんと監督さんが急遽来日されたりしたのだそう。またもや全く知らンかったorz 

バッド・ジーニアス 危険な天才たち [Blu-ray]

 

 

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」あらすじ

 

小学生の頃からずっと成績はオールA、さらに中学時代は首席と天才的な頭脳を持つ女子高生リンチュティモン・ジョンジャルーンスックジン)。裕福とは言えない父子家庭で育った彼女は、その明晰な頭脳を見込まれ、晴れて進学校に特待奨学生として転入を果たす。新しい学校で最初に友人となったグレースイッサヤー・ホースワン)を、リンはテストの最中に“ある方法”で救った。その噂を聞きつけたグレースの彼氏・パットティーラドン・スパパンピンヨー)は、リンに“ビジネス”をもちかけるのだった。

それは、より高度な方法でカンニングを行い、答えと引き換えに代金をもらう――というもの。“リン先生”の元には、瞬く間に学生たちが殺到した。リンが編み出したのは、“ピアノ・レッスン”方式。指の動きを暗号化して多くの生徒を高得点に導いたリンは、クラスメートから賞賛され、報酬も貯まっていく。しかし、奨学金を得て大学進学を目指す生真面目な苦学生・バンクチャーノン・サンティナトーンクン)はそれをよく思わず…。そして、ビジネスの集大成として、アメリカの大学に留学するため世界各国で行われる大学統一入試<STIC>を舞台に、最後の、最大のトリックを仕掛けようとするリンたちは、バンクを仲間に引き入れようとするが…。

公式サイトhttps://www.maxam.jp/badgenius/より引用

 

 


映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』予告篇

 

 

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」感想

 

私はこの作品をWOWOWオンデマンドの「ミニシアター応援宣言!」という枠の中に見つけて拝見しました。

 

とにかく、青春サスペンスと呼ぶにふさわしい!

 

タイの高校生たちがテストで仕掛ける巧妙な集団カンニング計画を、痛快&スタイリッシュに描き、世界的にヒット。日本の映画ファンからも大きく注目された青春サスペンス。

WOWOWhttps://wod.wowow.co.jp/content/075984より引用

 

 

はじめ、青春サスペンスって、( ̄m ̄〃)ぷぷっ!と思ってしまった私でしたが、いやあもう、まさに「青春」プラス「サスペンス」!

 

学園ものでこんなに手に汗握るとは思ってもみませんでしたよ!すごいスリルとサスペンス!

 

主人公の女の子を追っかける試験官の恐ろしいことったら、ターミネーターかと思った。

 

主人公の女の子がこれまたお綺麗で、スタイル抜群のアジアンビューティ❤

将来、モデルさんになればいいのに、なるわねきっと、なんて思っていたら、すでにモデルさんでした(笑) 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Chutimon Chuengcharoensukying (@aokbab)

www.instagram.com

 

この方、チュティモン・ジョンジャルーンスックジンは、デビュー作にして初主演、賞までとってしまったというから、見た目だけでなく大物間違いなし。

 

他の俳優さんたちもそれぞれ魅力的でした♪

ただでさえ情報難民な私なので、ご出演俳優さんのどなたも存じ上げないという💦

公式サイトによると、人気ドラマにご出演されていたり、「バッド・ジーニアス~」ご出演前からそれぞれご活躍されている模様。

(ただ、監督によるとほとんど無名に近いそうです)

 

まあ、もう、とにかくすごかった!

こんなにすごい作品がミニシアター映画なの?と3回くらいつぶやきましたよ。ハリウッド映画並みのスケール感。

 

この面白さをどう表現していいものやら。

面白いと言っても、がははと笑う面白さではなく、一瞬たりとも目が離せない、という面白さ。ノンストップ・アクション・ムービーと言いたくなるくらい。殴ったりけったりはしませんが(ちょっとだけありますが)

 

ちなみに、2021年3月5日(金)BS12で放送予定↓よる7:00~

www.twellv.co.jp

 

WOWOWオンデマンドでは、2021年4月12日まで配信中です。

wod.wowow.co.jp

 

ただね、この映画にもリバースシーンがあります。

ここんところそんなんばっか、ナゼ?(笑)

 

途中まではポップコーン食べながら観ていても大丈夫だと思いますし、リバースシーンも予測できるので、画面から目をそらすことは可能。(何の解説?)

 

もうひとつ、重箱の隅をつつくような、小姑みたいな感想を。

成績優秀者が揃って貧しくて、お勉強できないチームがこぞってセレブっぽいので、

「天才たちがお金に困ってなかったら成り立たないよね~」

 

と言いながらも、そこは映画だからと純粋に楽しめました。

中国、韓国でSAT試験がカンニング騒動で無効になったという、実際に起こった事件を元に作られた作品ですが。

 

いやあ、好い映画観ることが出来ました!ありがとう、WOWOW!

 

※以上全て敬称略

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

ありがとうございました! 

また、ブックマーク、コメント、シェア、心より感謝申し上げます!

↓クリックで応援戴けると励みになります。よろしくお願い致します(^^)

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ