ナゼキニ

更年期主婦猫目宝石のナゼかキニなる漫画とドラマと薬膳漢方&エトセトラ

昭和の映画【女王蜂】を観ていたら、すっかり忘れていた過去の記憶の映像がみえて驚いたお話【昭和の少女漫画】

 

気づけばブログ開設してから二年が経過していた、猫目宝石@nazekiniです。

(当ブログは、2018年6月9日に開設いたしました)

 

いつもご覧いただいている皆様にはもちろん、初めてお越しくださった方々にも、厚く御礼申し上げます。心より、有難う存じます。

 

さて、私、最近NHK BSプレミアムで放送されている「BSシネマ」を観ることが続きまして。

www.nhk.or.jp

 

先日「女王蜂」を観ていたら、すっかり忘れていた記憶がよみがえってまいりましたので、覚えているうちにブログに書いておきます。

よろしくお願いいたします。

 

1.「女王蜂」とは

 

「女王蜂」と言えば、今時はみなさまこちらでしょう↓


女王蜂 『BL』Official MV

 

が、しかし、昭和に育った私にとっては、「女王蜂」と言えば映画↓バンドの女王蜂も好いですが♪

 

女王蜂

 

映画「女王蜂」は、1978年2月に公開された映画作品で、横溝正史(敬称略)の同名小説を映画化したもの。

金田一耕助ファイル9 女王蜂 (角川文庫)

 

横溝正史と言えば、金田一耕助、ということで、こちらも金田一耕助シリーズ。

 

1976年の「犬神家の一族」、1977年の「悪魔の手毬唄」「獄門島」に続く市川崑(敬称略)監督作品で、「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」「獄門島」にご出演されていた大女優のみなさま━高峰三枝子岸恵子司葉子(全て敬称略)が勢ぞろいでご出演されたゴージャスな作品です。

 

「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄」についてはこちら↓ 

www.nazekini.com

www.nazekini.com

 

2.「女王蜂」キャスト

 

「女王蜂」も多数映像化されている作品で、映画は二作品ありますが、ここでは前述した1978年版の「女王蜂」について書いてゆきます。

 

「女王蜂」とは、この物語のヒロイン”大道寺智子”を指した言葉なのですが、呼び名ではなく、大道寺家に届いた脅迫状に書かれた言葉━「彼女は女王蜂である」からきています。

 

なんで”彼女は女王蜂である”かというと、彼女=大道寺智子に近寄る男性はみなしんじゃうぞ、と言うんですが、はて女王蜂ってそんな蜂?

 

置いといて。

 

つまりは、ヒロインに近づく(言い寄る)男性が次々消されてしまう事件のお話(ええ?)

 

正直、物語としてはワケワカランという感じ、毛糸のトリックと蝙蝠の話だけが印象深い(私だけ?)

 

で、その”女王蜂”大道寺智子を演じておられたのが、当時新人で大抜擢の中井貴恵(敬称略)

nakaikie.com

 

中井貴恵は早逝した名優佐田啓二(敬称略)のご息女にして、俳優中井貴一(敬称略)の御姉上様です。

 

映画「女王蜂」がカネボウとのタイアップだったこともあり、中井貴恵起用の口紅のCMも流れていたようです←記憶にナッスィングゥ👍

 

作品中、”等々力警部”(加藤武。敬称略)が唐突に

「口紅にミステリー」

という場面があり、笑っちゃいます。

僕 笑っちゃいます

僕 笑っちゃいます

  • 風見しんご
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

金田一耕助役は石坂浩二(敬称略)、 これはもう定番。

 

大道寺智子の母、”大道寺琴絵”には萩尾みどり(敬称略)がご出演されていますが、お綺麗です。

 

謎の青年”多聞連太郎”役には沖雅也(敬称略)やはりお綺麗です。

前述しましたが、高峰三枝子岸恵子司葉子がズラリ画面に並んだりして、お綺麗&ゴージャスなので、話はどーでもいいかなと。

 

個人的には、仮面ライダー2号佐々木剛。敬称略)とミラーマン石田信之。敬称略)が出ていることに驚きました。ええ、もちろん両方とも観ておりましたとも。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧2号&サイクロン号(改造Ver.)セット 約140mm&約180mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ミラーマンVOL.1【DVD】

 

また、映画冒頭には「まんが日本昔ばなし」の常田富士夫(敬称略)もご出演されていましたよ。

まんが日本昔ばなし BOX第1集 5枚組 [DVD]

 

〽ぼうや~よいこだ金出しな♪

と、昭和の子供は歌ったものです(ホント)

 

3.岩川ひろみ(敬称略)によるマンガ『女王蜂』

 

マンガ化されている作品も多い横溝正史の金田一耕助シリーズですが、『女王蜂』もマンガでみた、と映画「女王蜂」を観ていて突然思い出しました。

 

それは、壊れた月琴がアップになったシーンだったのですが、ああいうのをフラッシュバックっていうんでしょうか、まるで今目の前に存在するかのようにマンガ雑誌のページが見えまして。

 

いや、実際には見えないんですが(当たり前)、それまですっかりきれいさっぱり忘れきっていたのに、突然壊れた月琴や長い髪の女性の画を思い出したんですね。

 

ちなみに月琴はこんなの↓

花月琴 70cn 藍色

 

で、キニなって早速検索してみたら、1977年の『週刊マーガレット』に連載されていた、岩川ひろみ(敬称略)作品でした↓

http://www.kudan.jp/EC/mokuroku/photo-zasshi/mrg1977-04-03-1.JPG

画像引用元http://www.kudan.jp/EC/mokuroku/photo-zasshi/mrg1977-04-03-1.JPG

 

 

そうそう、これこれ、このおどろおどろしいような『女王蜂』の字体、確かに見覚えがあります。

 

しかし、思い出した途端、疑問が浮かび上がりました。

 

マンガ好きな子供だった私ですが、1977年当時はまだ自分でマンガを買うというレベルではなく(レベル?)詳しくはこちら↓ 

www.nazekini.com

 

奇しくも生まれて初めて手にしたマンガ雑誌は「マーガレット」でしたが、こちらは別冊マーガレットという月刊誌。

 

岩川ひろみの『女王蜂』が掲載されていたのは週刊マーガレット(1977年=昭和52年当時週刊誌)

 

一体どこで観たのだろうか?

 

自分で買ったのでなければ、誰かに借りたか立ち読みくらいしか思い当たらないのですが、さすがに小学校低学年では立ち読みなどという知恵?もついていなかったろうし、心当たりは通っていたピアノ教室か、従姉の持ち物なのですが、ピアノ教室に置いてあったのは楳図かずお(敬称略)の『洗礼』が載っていたので『少女コミック』(手に取ってみたら、あまりに恐ろしい画で大ショックを受けたので覚えていますw)

 

当時従姉は『はいからさんが通る』に夢中だったことから、従姉がみていたのは『少女フレンド』(『はいからさんが通る』は1975年から1977年、週刊少女フレンド誌に連載されていました)

 

遊びに行った御宅の、同級生のお姉さんの持ち物だったのかなあ?とかも思ったのですが、どうも自宅でみたような記憶があるんですよね……。

 

と、言っても、記憶は都合のいいように塗り替えられることもあるとか。

 

内容は覚えていませんが(てか原作は横溝正史なのでそれと同じでしょうが)女王蜂役(役?)の女の人はウェィヴィーなロン毛だったことと、金田一耕助が二枚目だったことはなんとなく覚えている、というか、思い出しました。

で、ピンクてか、オレンジっぽい紙に印刷されていたような……。

 

もう一度みて確かめたいと思いましたが、単行本は入手困難なようで。

 

しかし、驚きましたわ~あんな風に(どんな風?)ホントにドラマや映画でみているみたいに、パッパッと映像がちらつくことがあるなんて。

 

と、まあ長くなりましたが、

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

本日もありがとうございました! 

また、ブックマーク、コメント、シェア、心より感謝申し上げます!

クリックで応援いただけるととてもうれしいです。よろしくお願いいたします(^^)にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ  

 

関連記事はこちら↓ 

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com