ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

「疑惑」映画からドラマ~きっかけは「達人達」

 

一週間臥せっていたので、録画を消化していた猫目宝石です。

一か月以上前の2018年12月8日に放送された「SWITCHインタビュー達人達」が、岩下志麻(敬称略)ということで録画しておいたものを、やっとこ拝見。

www4.nhk.or.jp

 

岩下志麻はもちろん、写真家の下村一喜(敬称略)の写真がとっても好くって、ファンになりました。

 

下村氏の言葉で印象深かったのは、

「いい写真には三角がある」

でした。構図が三角形になっている、ということです。

 

ご著書『美女の正体』のお写真、金子國義の世界を連想させられて

 

美女の正体

美貌帖

prints (プリンツ) 21 2007年夏号 特集・金子國義 [雑誌]

 

雰囲気が似ていませんか?

 

www.kuniyoshikaneko.com

 

「達人達」で初めて知った下村一喜と「疑惑」

そんな、下村氏が、氏の大好きな”姫”こと岩下志麻に向けて、なりきり劇場を披露した映画「疑惑」

1982年の作品。主演はもちろん、岩下志麻と、「ちょっとマイウェイ」主演の桃井かおり(敬称略)

※なんでわざわざ「ちょっとマイウェイ」なのかはこちらの記事をご参照ください。

 ↓

www.nazekini.com

 

 

疑惑

 

下村氏は、岩下志麻と桃井かおりの二役になりきっておられました、ブラボー!

恥ずかしながら、下村一喜も疑惑も、この番組を観るまで存じ上げませんでした私。

「疑惑」も、超観たいじゃん!となりまして。

 

引き寄せた?ドラマ「疑惑」

するとですね、引き寄せましたよ(笑)

なんと、「疑惑」のドラマのCMを偶然観ました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

このCMを観たのは、ちょうど先ほどの「SWITCH達人達」を観たその夜。

ぬわんですってえ?と、ホントにテレビを二度見いたしました。

このドラマの主演は、米倉涼子黒木華、岩下志麻の演じられた役を米倉涼子が、桃井かおりが演じられた役を黒木華が演じられるそうです。(全て敬称略)

 

興味を惹かれた理由

「疑惑」に興味を惹かれたのは、岩下志麻と桃井かおり、原作松本清張(敬称略)ということだけでなく、岩下志麻が「SWITCH~」内で語られた内容にもありました。

 

岩下志麻曰く、自分自身は台本を一言一句違えず覚える(またそういう世代、教育をうけてきた)けれども、桃井かおりはアドリブをバンバン交えてくる、それがすごくいい刺激となった。「今日はどんなアドリブが出るんだろう」と、毎日が楽しい、そんな撮影だった、とのこと。

 

と、いうことで、1982年の「疑惑」も観なくっちゃ!

 

1982年の映画「疑惑」

レンタルDVD・Blu-rayあるそうですが、幸いamazonのPrime Videoにもありましたので、プライム会員の私はそちらで視聴。

 

疑惑

疑惑

 

 

”鬼塚球磨子”(くまこ)(=桃井かおり)は夫の運転する車で海に転落、夫は死亡、前科四犯の球磨子による保険金殺人とされ逮捕されます。警察も、新聞社も、世論も、こぞって球磨子による犯行と確信し、弁護士は「勝っても世間を敵に回す」と次々と逃げてしまいます。そんな球磨子に、国選弁護人の”佐原律子”(=岩下志麻)が弁護につくことになり━

 

えー、まず岩下志麻ご登場は、本編開始35分を過ぎたところです。

しかし、それまでも、豪華キャストに目を奪われます。

球磨子のことを”北陸一の毒婦”と記事に書いた新聞記者役に、柄本明。

「目撃者」役に、森田健作。

球磨子と共に詐欺事件を起こしたことのある、球磨子のヒモ役に、鹿賀丈史。

証人として出てくる、山田五十鈴、名古屋章、三木のり平。

警察署長の小林昭二、検事の小林稔侍……(全て敬称略)

 

それで、観ていくうちに「あ、この話知ってる、観た」となりまして、調べてみるとこの「疑惑」これまでに4回テレビドラマ化されているそうで、私が観たのは、1992年金曜ドラマシアターで放送されたものだろうと。

 

私の中で清楚な人のイメージだったいしだあゆみ(敬称略)が球磨子の役で、ビックリしたことを思い出しました(笑)

 

で、映画版。

最後の最後は、球磨子の何ともいえない笑みで終わるのですが、それがなんだか、真相は解明されたのにもかかわらず、釈然としない気分にさせられます。最後の最後まで面白かった!

 

5度目のドラマ化

実は原作では、”佐原律子”という女性弁護士ではなく、男性弁護士”佐原卓吉”で、私が観たハズの、1992年のドラマでは、その佐原の役を小林稔侍(敬称略)が演じられています。

その後も2003年、2009年とドラマ化されていますが、原作通りに”佐原”は男性弁護士で出てきます。

 

2012年に、再び映画と同じ女性弁護士の設定で、ドラマ化。この時の”佐原”役は常盤貴子(敬称略)、球磨子役は尾野真千子(敬称略)。

 

そして、2019年放送予定のドラマも、映画と同じ女性弁護士の設定という訳で、米倉”佐原”と黒木”球磨子”のタッグが組まれたようです。

 

また、今回のドラマも豪華キャストのようですが、中でも津川雅彦(敬称略)の遺作となったということは特筆すべきでしょう。

 

f:id:nazekini:20190207104652j:plain

引用元テレビ朝日松本清張ドラマスペシャル「疑惑」

ドラマ「疑惑」は2月3日(日)テレビ朝日系列にて夜9時放送予定です。

 

おまけ:米倉涼子(敬称略)と清張とテレ朝

「黒革の手帖」「けものみち」「わるいやつら」と、テレビ朝日系列で放送された松本清張ドラマの悪女役を、米倉涼子が演じられてきました。

 

黒革の手帖 DVD-BOX

 

第四章

第四章

 

 

 

第一章

 

今回は弁護士役で、悪女ではないですが、なんだか【セット】みたいですよね、松本清張×米倉涼子×テレ朝。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

クリックで応援していただけるととても嬉しいです!よろしくお願い致します(^^)にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村