ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

うさぎが座るフセンが現れた!「デザイントークス+」【カミテリア】

 

アナタは文房具、お好きですか?ごきげんいかがでしょうか、猫目宝石でございます。

本日もよろしくお願いいたします♪

 

えー、昨日買い物を終え、車のエンジンをかけましたら、この番組の再放送中でした。

www4.nhk.or.jp

 

テーマはなんと「文房具」!

文房具好きの私は気になって仕方がない!しかし安全運転だ。

そんな中、信号待ちで、うさぎが座るフセンが現れた!

 

 1.デザイントークス+(プラス)のゲストは文具王

恥ずかしながらこちらの番組を全く知らず、初めて拝見しましたが、ちょっと調べてみるとかなり前の放送の再放送のようで、さらに元々はNHK WORLDで2017年11月に放送されたとのことでした。

 

そんな情報難民系。

 

さて、ゲストは「文具王」こと高畑正幸(敬称略)

この方のことも存じ上げませんでした、王様なのに。貴族失格(お)

bungu-o.com

 

ちらりと目端がとらえた映像には、さすがは文具の国の王様、自宅だか事務所だか知らんが、文具でうめつくされている。横向きに立てたはさみが引き出しにぎっちりなんて、文具の変態(メタモルフォーゼ)ですね。

 

2.丸めて立てるとうさぎが座っているようにみえるフセン

で、ですね。

信号待ちのときにワクワクテレビを観ておりましたら、

「こんなフセンもあります……」

と、とりだしたのが、うさぎの柄のフセン。

よくあるファンシー系のフセンか、と思った次の瞬間、高畑正幸が

「ここに書き込んで、こうやって丸めると……」

妙に長いうさぎのフセンをくるくるっと丸めたらあら不思議、かわいい後ろ足が両側にピョコンと飛び出て、まるでうさぎが座っているかのよう!

 

かわユラス。

f:id:nazekini:20190126092407p:plain

引用元amazon

 

こちらの右端のものがテレビで映されておりました。

ちょっと見えにくいので(私がw)拡大したものがこちら↓

f:id:nazekini:20190126092302p:plain

引用元amazon

 

背中側が丸くなっているのがおわかりになりますか?

 

このフセン、【カミテリア】の「ku・ru・ru」というシリーズの一つ。  

 

カミテリア 付箋 ku・ru・ru usa-gi KU-8

カミテリア 付箋 ku・ru・ru usa-gi KU-8

 

 

欲しい、ほしいようと悶絶しておりました私、何を隠そう文具の中でもフセン好き。

フセン好きになったきっかけはこちらの本でした↓

 

すべてがうまくいく毎日が楽しくなる魔法のフセン術

すべてがうまくいく毎日が楽しくなる魔法のフセン術

 

 

こちらの本については記事に挙げたいと思っておりますので、またいずれ。

3.神?紙のインテリア【カミテリア】

知らなかったよ、カミテリア。

文具好きなのにしらないのォう~?と鼻で嗤われそうですが、もう知った、本日知った、今知った!知ってよかった【カミテリア】!

 

kamiterior.shop-pro.jp

 

公式サイトを見つけたので、見に行ってみると、「ku・ru・ru」シリーズいっぱいあるー。

 

かえる

kamiterior.shop-pro.jp

 

シロクマ

kamiterior.shop-pro.jp

 

ことり

kamiterior.shop-pro.jp

 

こいぬ

kamiterior.shop-pro.jp

 

鳥獣戯画風のこれもオモロー

kamiterior.shop-pro.jp

 

紙だけどネ申。

全部欲しくなりますやん(齢五十の叫び)

 

4.消しゴムノスタルジー

デザイントークス+(プラス)では、消しゴムも取り上げておりました。

思い起こせば、香り付きの消しゴム、スーパーカー型の消しゴム、買って見せ合って、交換している子もいた昭和の小学生時代。

 

特に香り付きのものは、えんぴつ、ボールペン、紙せっけん(文具?)

まあ、紙せっけんは文房具ではないけれど、筆箱に入れている子供も少なくなかった、それくらい香り付きのものは人気でしたね。

なーんてことを思い出し。

 

 

いやあ、文房具って本当にいいものですね!

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

 

面白いとお思いになられましたら、クリックで応援いただけるとうれしいです(^^)にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村