ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【M.C.エッシャー】教科書に載ってたエッシャーってマウリッツ・コルネリスっていうのね【通りすがりのエッシャー展】

 

絵は描くのも観るのも好き、自称落書キスト猫目宝石です。

なんとかの横好き加減はこちらの記事に↓(笑)

 

www.nazekini.com

 

えー、散歩中、通りかかった美術館の看板をみて、急遽拝観することにいたしました。

その看板はこちら↓

 

f:id:nazekini:20190504125433p:plain

 

【だまし絵】でお馴染み、エッシャー(敬称略)でございます。

観ない手はございませんよ♪

 

1.エッシャーとは

 

 

エッシャーといえば、「滝」や

 

f:id:nazekini:20190507163415j:plain

 

「物見の塔」 

 

f:id:nazekini:20190507163342j:plain

 

を、「教科書でみた!」という方々も居らっしゃるんじゃあなかと存じます。

 

(買ってきたポストカードをスキャンしたもんで、なにやら線が入っちまってますが、お許しくださいm(__)m)
 

三次元ではあり得ない世界を描き、その幾何学性、無限性が大きな特徴です。

 

最近は、インターネット上の心理テストなどでも【だまし絵】をよく見かけますよね。

例えばこちら↓ま、ちょっとホンマかいな?的ではありますが(笑)

 

rocketnews24.com

 

アートの中でも、マンガっぽい親しみやすさがある、それが【だまし絵】であり、エッシャーの作品じゃないかなと思います。

 

実際、少年漫画雑誌『少年マガジン』の表紙になったこともあるそうです(驚)1970年のお話。

 

ちなみに、エッシャー(1988~1972)は割と最近の画家さんで、20世紀にご活躍されました。(20世紀は最近じゃあない?)

 

教科書のエッシャーと同じページに、マグリット(敬称略)やダリ(敬称略)のだまし絵作品も載っていたと思うのですが……。時代的にはあのあたり(ってどのあたり?)

 

 

2.エッシャーの無限性にハマる

 

教科書系(系?)の建物の画は写実的ですが、たくさんあった「トカゲ」や「とり」を描いたものは、マンガチックで親しみやすいです。

 

残念ながら、ポストカードは購入しなかったので、画像がアップできませんが、

”エッシャー トカゲ”で検索していただくと、画像が山盛り出てきます。

 

鳥については、これも教科書に載っていたのではないかと思うのですが、作品名「昼と夜」が有名だと思います。

 

ちなみに、エッシャーの公式サイトはこちら↓

 

www.mcescher.com

 

 ところで、エッシャーの特徴は、なんといっても【無限性】

これのおかげで(おかげ?)いつまでもみていられる。

 

事実、館内では渋滞を起こしておりました(笑)

 

私がずーーーーーっと観てしまい、進んでから戻って再び観てしまったのは、ド定番ですが、「上昇と下降」↓

 

f:id:nazekini:20190508120751j:plain

 

(ポストカードをスキャンしました💦)

 

一番上の部分だけなんですけどね、ずーーーーーっと観てしまうんです(笑)

で、なんか癒される~って思ってポストカード購入w

 

無限を描いたものではなかったけれど、「バッタ」のスケッチが精巧で、これも結構長い時間観てしまいましたね~

 

あと、木版の原版がありました。

細かく彫ってあるのが、間近で観ることが出来て(ホント、触れそうなくらい!ケースに入ってますがw)楽しかった♪

 

 

3.感想

 

今回、エッシャー展の看板をみるまで知らなかったのですが、お名前が

マウリス・コルネリス・エッシャー、略してM.C.エッシャー、ラッパーみたい。

 

M.C.といったらA・Tな私。

 

Bomb A Head!

Bomb A Head!

  • m.c.A・T
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

なので、看板観た瞬間、頭の中で〽mcAT mcAT mcAT mcAT……♪と流れたのはココだけのお話で。

 

作品を観ていて思ったのは、M.C.エッシャーは目がよかったんだな、ということ。

 

ローガン(=老眼)+近眼+乱視+ガチャ目の私では、細かい部分なんぞボヤボヤ。

 

50の私でもみえねーのに、60代後半でもバリバリ描いてたって、超スゲー←知性のかけらもない言い回し。

 

お散歩中の思わぬラッキーでしたが、立ち寄ってホントによかった、楽しかった♪

 

 

最後に、

 

”美術館のみかた(たのしみかた)がわからない”とか、

”もう少し勉強してから(美術館に)行こうと思う”なんていうのを、

 

みたりきいたりすることがあるのですが、ナンセンス。(昭和の言葉)

 

 

まあ、ご本人がそうしたいのであればそれでいいことなんですが、どーもご自分で美術館へ行くハードルをあげているように感じてしまって。

 

入館するときにテストがあるとかじゃーないですから、もっとお気軽にお運びになられるとよござんすよ。

 

とか思うワケです。まったくもって老婆心ですが(笑)

 

「エッシャー?みたーい、ほんものすごーい、たのしかったー」

 

も、アリなんです。

 

いえね、自分の教養の無さを正当化しようとして、こんなことを書いたワケでは決して……。

 

アート関連記事はこちら↓

 

www.nazekini.com

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

クリックで応援いただけるととてもうれしいです♪よろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村