ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【伊勢神宮に呼ばれて】100記事記念【前編】

以前書いた記事の中に、チラッと書いた「呼ばれる」お話。

 

www.nazekini.com

 

伊勢神宮に呼ばれて早や二年。

やっと行って参りましたので、ブログに書いておこうと思ったら、ちょうど『ナゼかキニなるエトセトラ』100記事目に当たるということで、ビックリ&ナゼキニ現象を実感(笑)している猫目宝石でございます。

 

CONTENTS

 

伊勢神宮に呼ばれて

「不良少女と呼ばれて」風。

 

……もとい。

 

まずは、私がどれくらい神社に興味がなかったかをご説明いたします。

 

自らの意志では初詣にすら行ったこともなく、行くのは「家族が行くから仕方なく」という感じ。恥ずかしながら、手水の作法も二礼二拍手も知らないような愚か者でございました。

 

ついでに言うと、占いも自分に都合のいいことしか信じない、厄年、仏滅、きにしなーい♪四季の行事もまるで無視!

 

 こういうのを「不信心」というのでしょーか……。ちーん!

 

 

そんな私が、会う人会う人伊勢神宮に行ってきたと聞くことがあり、はじめのうちこそ「伊勢神宮ファンが多いんだな」と思っておりましたが、正月でもないのにこう立て続けに聞くと、さすがに何かあるような気がしてきました。

 

や、伊勢でイベントがあるとか、そういうことではなく。

 

 

さらに、当時読んでいた本の中に、伊勢神宮の話が出てきたり、新聞記事の中の一節だったと思うのですが、伊勢神宮には呼ばれないと行ってはいけないというのを見たり。

 

(ちなみに、本は神社やスピリチュアルとは全く無関係の本でしたが、衝撃がデカすぎて何の本かタイトルすら出てきません。新聞は日経新聞です)

 

これはもしや……

 

 アタシ、呼ばれてる?

 

そう思い、そうだ、伊勢へ行こうと決心したのが昨年末。

 

 

ところが、今年の10月はじめまで私が文字通り「忙」(心をなくす)しくしておりましたら、今度は出雲大社の話を目にしたり耳にしたり。

 

「伊勢もまだなのに、出雲?(自宅からの距離的に)」

なんとなく急きたてられた感で、今月頭にようやく計画。一年越しで伊勢行きを実現した、というわけです。

 

 

伊勢神宮の参り方

面白いもんで、伊勢神宮に行こうと決めたら、「伊勢神宮参拝方法」をテレビでみかける機会が何度かありまして。

 

これが本当に助かりました!

 

テレビの案内をみて、メモして行ったにもかかわらず、とっぱじめに行きたいところにたどり着けず(プ!)

 

外宮では目指していたルートを逆走する形で回ってしまったので、テレビを観ていなかったら……と思うとゾっとしました。(大袈裟な)

 

 

さて、伊勢神宮には、外宮と内宮があり、両方参るのが理想的。

しかも、正式には二見ヶ浦で禊をしてから、ということなので、

  1. 二見興玉神社
  2. 外宮
  3. 内宮

という順番で回ると家族に宣言、一路二見へ向かいます。

 

 

まずは二見興玉神社を目指して

当日の朝は、太陽サンサンなのに、ごくごく少ない小雨が降っているという天気。

神社に着いてからの雨は歓迎の印と言われますが、どーなん?

 

おまけに、伊勢神宮ツアー主催者?である私が、頭痛と吐き気で絶不調。こりゃあ断念せにゃイカンのか、と思いながらも、いやいや家族も巻き込んでるからと、無理矢理食べ物と薬を流し込み、予定より一時間近く遅れての出発となってしまいました。

 

ところが道中、大きな虹を発見、やっぱり今日でよかったんだなと思います。(単純)

 

出発してから二時間弱くらいで二見に到着。

二見興玉神社近くに降り立つと、

 

 ものっそ海風!

 

話し声も聞こえ難いような強風の中、堤防を歩いて神社へ向かう一行!

 

 

後半へ続く。(ちびまる子ちゃん風)

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!