ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【お間抜けな話】札幌への手紙と礼服【人に言わずにいられない!】

こんにちは、猫目宝石プロです。はてなブログProお試し期間中です、正しくは。

本日も当ブログへお越しいただき、誠にありがとうございます!

 

 

えー、さてーお間抜けなお話を一席。

 

 

先ほど郵便局へ出向き、札幌へ向けての郵便を出してまいりました。

 

窓口に差し出し、料金を支払い、郵便局員さんに「お願いします」と言って去ろうとしたとき、「キヘンじゃありません?」と局員さんが引き留めるように声をかけてきました。

 

「札幌のサツって、木偏じゃありません?」

 

局員さんは、私の差し出した郵便物の、あて先が書いてある部分を指さしました。

見ると、

 

 

 幌って書いてあるよ!

 

 

どーしちゃったんだろねえ、アタシったら、まったくもって小っ恥ずかしい!と帰宅。

そのことをお詫びするメールを送り先に打っていた最中に、第二の事件が起こりました。

 

 

私、壁掛けカレンダーに主な予定を書き込んであるのですが、先日結婚式に呼ばれたので、礼服を用意するのを忘れないようにと、カレンダーに【礼服】と書いておきました。

 

……そのつもりでおりました。ええ、ついさっきまでは。

 

 

メールを打ちながら、送った郵便物の到着予定は何日かな、なんて、壁掛けカレンダーを見た私は、凍り付きました。

 

 

 札服って書いてあるよ!

 

なぜ、このまちがい?

しかも、家族全員それを見て「礼服って書いてあるけど、用意した?」みたいなことまで言ってきたのに、誰一人誤字に気づかず、指摘せず、ちーん!

 

何より、このタイミングで気づくって、

 

 

 ミラクル。

 

f:id:nazekini:20181004115842j:plain

三度目の登場、この絵w↑

 

 

学生時代のあだ名は、【漢字博士】でした。

 

 

以上、本日のお間抜けなお話、笑っていただければ幸いでございます。

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました♪

コメント、はてなスター、とてもうれしいです。

ありがとうございました!