ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

80年代音楽を熱苦しく語る「ザ・カセットテープ・ミュージック」抱腹絶倒!【あけましておメジャー7th】

f:id:nazekini:20190111174353p:plain

引用元「ザ・カセットテープ・ミュージック」Twitterより


あなたは「ザ・カセットテープ・ミュージック」というテレビ番組をご存知ですか?

私は知りませんでした。情報難民系主婦、猫目宝石でございます。当ブログにお越しいただき、誠にありがとうございます♪

 

私が「ザ・カセットテープ・ミュージック」を知ったのは、お正月特番をせっせと録画予約していた最中でございました。

 

番組欄に「カセットテープ」の文字を目端にとらえ、カセットテープは青春だった私、すぐさま番組説明を見ると80年代音楽の番組らしい。で、録画予約決定、ポチっとな。

 

観てみたらめちゃめちゃ面白かったので、ブログに書かずにおられませなんだ。

 

www.twellv.c

 

twitter.com

 

しかしながら、カセットテープそのものは出てきませんでした。

 

 

 

テーマは「あけましておメジャーセブンス(7th)」

「メジャーセブンス」とは

○M7と表記されるコードの一種。

「CM7」とあったら、

C(=ド。ルート音)とE(=ミ。3度)とG(=ソ。5度)の三つの音に、C(=ド)からざっくり数えて7番目(=7th)にあるB(=シ。7度)の音を加えた四和音のことです。

 

メジャーセブンスがどんどんわかる一時間 

ラジオっぽいブースの中で、MCマキタスポーツ、スージー鈴木が、元アイドリング河村唯(全て敬称略)に向けたオープニングのトーク

「この番組を一時間観るだけでメジャーセブンスが身に付く」(Like a スピードラーニング)

 

ドミソー、だとクリアな明るいイメージですが、ここにシが加わり、

ドミソシー、になると、中間的な音になり、”悲しみを帯びているけれども悲しすぎはしない音”、それがメジャーセブンス。

 

曰く、日本の楽曲にはなかった音ということで、「日本メジャーセブンス浸透の歴史」と銘打って楽曲紹介が始まります。

 

 

トラック1

「あの時君は若かった」スパイダース(1968年) 
あの時 君は若かった

あの時 君は若かった

  • ムッシュかまやつ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

スージー鈴木曰く、「派手派手しくメジャーセブンスを使った、日本ポップスのほぼ!最初期の曲」

60年代後半には「日本でもっともHIPな」バンドだった、ザ・スパイダースのかまやつひろし(敬称略)が日本のポップス界で先駆的にメジャーセブンスを使ったとし、そのライバルとして、フォーククルセダーズの加藤和彦(敬称略)=トノヴァンを挙げます。

 

「オーブル街」フォーククルセダーズ(1968年)
オーブル街

オーブル街

  • ザ・フォーク・クルセダーズ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

かまやつひろしと並んで、HIPな音楽家だった加藤和彦がメジャーセブンスやディミニッシュ(メジャーセブンスと同じくコードの一種)を取り入れ

「今まで日本人が聴いたことのないような和音を使って、日本の和音の世界の色が変わっていった」(スージー鈴木)

その衝撃は、今まで菜っ葉しか食べたことのないヒトが生クリームを食べさせられた感じ(マキタスポーツ)

 

トラック2「きっと言える」荒井由実(1973年)

 スージー鈴木曰く、かまやつひろし、加藤和彦が60年代の後半くらいから「恐る恐る」メジャーセブンスを弾き始めたのに対し、

「73年にある天才少女がその「恐る恐る」っていう感じをぶっ壊した」

として紹介するのが、荒井由実(敬称略)「きっと言える」

 

きっと言える

きっと言える

  • 荒井由実
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

デビュー時のユーミンのプロデュースがかまやつひろしだったことを挙げ、メジャーセブンスの歴史はかまやつひろしからユーミンへ。

また転調については、E♭から短三度ずつあがってG♭→A→CいってE♭に戻るという、プログレですよ (スージー鈴木)

日本ポップス史のコード進行・作曲において、ジョン&ポール(ビートルズ)くらいの革命を、「ユーミンが一人で起こしたと言っても過言ではないですね」(スージー鈴木)

 

トラック3「初恋」村下孝蔵(1983年) 

マキタスポーツが「日本の湿度とメジャーセブンス」として紹介するのが、トラック3、4。まずは、村下孝蔵(敬称略)「初恋」

 

初恋

初恋

  • 村下 孝蔵
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

悲しみと湿度が同じような感覚のものであるとするならば、日本人は悲しみに響きやすい感性が元々あるとし、「初恋」も”自分の初恋はかなわぬものだったけれどもという悔恨”=悲しみがテーマで、日本人に親しみやすい「のど自慢センス」の曲であると談。

それまで日本人の感性に入り込みにくかったメジャーセブンスを浸透させた「のど自慢メジャーセブンスの先駆(スージー鈴木)」が「初恋」

 

メジャーセブンスは四和音、7番目の音=四つ目の音を「余分なもの」「なくてもいいものと」、メジャーセブンスは「豊かさの象徴である」(マキタスポーツ)

 

トラック4「愛はかげろう」雅夢(1980年)

「初恋」と同じく、日本にメジャーセブンスを浸透させた曲として紹介されたのが「愛はかげろう」

 

愛はかげろう

愛はかげろう

  • 雅夢
  • フォーク
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

未練進行」(スージー鈴木命名)FM7(=エフメジャーセブンス)→G7→Em7→Am7を基調としたコード進行

 

メジャーセブンスについて、三和音(=トライアド)を衣食住とするなら、セブンス=四つ目の音は花にあたる、つまり無くても生活できる余分なものだけれども、それがあることによって豊かさがある。(スージー鈴木)

 

トラック5「素顔で踊らせて」サザンオールスターズ(1981年)

対するスージー鈴木のテーマは「メジャーセブンスの大衆化」 

素顔で踊らせて

素顔で踊らせて

  • サザンオールスターズ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

メジャーセブンスが、「東京のシティのポップのおしゃれな和音として定着した」

小田和正、山下達郎、桑田佳祐は「80年代メジャーセブンス三兄弟」(スージー鈴木)

 

トラック6「SUMMER SUSPICION」杉山清貴&オメガトライブ(1983年)

 

SUMMER SUSPICION

SUMMER SUSPICION

  • 杉山清貴&オメガトライブ
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

この楽曲は、林哲司&康珍化という黄金コンビの作品。

はじめに作ったオシャレすぎる楽曲に対し、もっとドメスティックな泣きのメロディを頼むと言われたとして出来上がった曲と解説。

マキタスポーツ曰く、Cメロに当たる部分は「気が変になりそうさ史上最も優れたメジャーセブンス

 〽こんな気持ちじゃ 気が狂いそうさー♪

の、「さー♪」の部分のコードがメジャーセブンス。

 

トラック7「You're My Only Shinin’ Star」中山美穂(1988年)

いよいよアイドルまでメジャーセブンスの歌をうたうということで、「メジャーセブンスが日本人に完全に浸透する」として紹介されたのが「You're My Only Shinin’ Star」中山美穂(敬称略)

 

You're My Only Shinin' Star

You're My Only Shinin' Star

  • 中山美穂
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

メジャーコードとメジャーセブンスは、蛍光灯と間接照明くらいちがう(マキタスポーツ)

 

トラック8「夏をあきらめて」研ナオコ(1982年)

 

夏をあきらめて

夏をあきらめて

  • 研ナオコ
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

マキタスポーツは、研ナオコ(敬称略)の歌い方を「 絵の具が切れた筆」と表現。

この曲の作者である桑田佳祐(敬称略)が、輸入ではない、日本の土壌の中に、諸行無常の響きの中に、メジャーセブンを感じてる。そこが他のメジャーセブンの使い手、メジャーセブナーとちょっと違うところ、と語ります。

 

感想

最初っから最後まで、一人でケタケタ大笑いしておりました。

職業柄よくわかるということもあったかもしれませんが、おそらくコードのことをご存じない方でも、ホントに一時間観ているだけでメジャーセブンスが身に付いたんじゃないかと。

 

この回が「#31」とあったので、だいぶ前から放送されていた番組なんですね、知らなかった……。

 

「ザ・カセットテープ・ミュージック」

BS12トゥエルビにて毎月第一、第二日曜よる9:00から放送予定

次回は1月13日、勿論予約済み!(笑)

 

 

長文おつきあいいただき、ありがとうございました!