ナゼキニ

更年期主婦猫目宝石のナゼかキニなる漫画とドラマと薬膳漢方&エトセトラ

【すぐ死ぬんだから】三田佳子(敬称略)主演、内館牧子(敬称略)原作、小松の親分さんもご出演【ドラマ感想】

当ブログにお運び戴き、誠にありがとうございます✨ 

自称ドラマ好き、「ナゼキニ」ブログ筆者の猫目宝石 (id:nazekini)と申します。

 

2020年春、夏はドラマの記事が後手後手に回ってしまっております💦

NHKプレミアムドラマ「すぐ死ぬんだから」も最終回間近ですが、面白いのでブログに記録しておきます。

よろしくお願い致します。

 

1.「すぐ死ぬんだから」とは

 

「すぐ死ぬんだから」とは、2020年8月23日からNHK「プレミアムドラマ」枠で放送されているドラマ作品↓見切れていますが、主演は三田佳子(敬称略)

www.nhk.jp

 

NHK連続テレビ小説、通称朝ドラの第48作品「ひらり」の脚本を手掛けられたことでも有名な、内館牧子(敬称略)による同名小説を原作としています↓

すぐ死ぬんだから

 

私はいつも週初めに番組表をチェックして、せっせとドラマの予約をしているのですが(笑)この「すぐ死ぬんだから」は見落としていたようで、知ったのはすでに第一回が放送された後。

 

しかし、運よく第一回の再放送を拝見でき、現在に至ります(?)

 ←画像クリックで試し読み出来るサイトに飛びます。

 

 

2.「すぐ死ぬんだから」あらすじとキャスト

 

 主人公は見た目にこだわる”ハナ”(三田佳子

北欧ファブリックを手縫いした自前のスカートを翻し、さっそうと歩けばファッション雑誌に声を掛けられる、華やかな78歳。

小野武彦)もそんなハナを自慢だといい、

「ハナと結婚して本当によかった」

と笑顔を向けてくるのでした。

そんな夫が急死、ハナはすっかり意気消沈。しかし、夫の趣味だった折り紙の個展を開いたら、と高校時代の同級生”ロク”(小松政夫)に言われたことから元気を取り戻します。 

個展の準備のため、亡き夫の過去の作品を取り揃えている時、自宅からは遠い整形外科の診察券を見つけ、ハナは不審に思います。

思い切って整形外科を訪ねると、夫が転倒し、頭を打ってその病院で診察を受けたことがわかりました。夫の急死はその時の転倒が原因だったようです。

それにしても、なんでこんなに遠い病院で……腑に落ちない表情のハナ。そこへ電話がかかってきて、亡き夫の遺言書が出てきたというのです。

ハナは、長男村杉蝉之介長女松下由樹)と共に家庭裁判所へ出廷、そこで読み上げられた遺言書には、亡き夫の別の家庭について書かれていて━

 

予告動画↓

 

 

主なキャストは他に、長男の嫁役に安藤玉恵、商店街のハナの友人に鷲尾真知子、ハナの高校時代の同級生役に高田敏江日色ともゑがご出演されています。

 

3.ドラマ「すぐ死ぬんだから」感想

 

原作本があると知り、インターネットで検索してみると、

「面白くてすぐに読み終えた」

という感想がいくつも目に留まり。

 

私はまだ原作本は読んでいませんが、ドラマが面白いので、原作も読んでみたいと思っています。

 

また、検索中にたどり着いたのが、なんと漫画化もされているとのこと、漫画家さんのお名前を見て二度ビックリ、なんとくさか里樹(敬称略)による漫画化だというじゃあありませんか↓

すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス)

 

くさか里樹と言えば、タイトルが思い出せませんが(あ)80年代にデビューされた漫画家さんで、大人っぽい作品を描かれていたことを覚えています。

『ケイリン野郎』が代表作↓

ケイリン野郎(1) (ジュディーコミックス)

 

『ケイリン野郎』はジュディコミックスなんですね~ジュディ=『Judy』もいわゆるレディコミ=レディースコミック、女性向け漫画雑誌でしたが、無くなっちゃいました💦

 

話を戻して。

 

漫画もあるなら是非観たい、と思って、原作本が大人気で、漫画化ドラマ化されている作品なのに、全く知らなかった私って……と、またもや情報難民音頭を踊ってしまいました(そんなものはナイ)

 

漫画版「すぐ死ぬんだから」画像クリックで試し読みできるサイトに飛びます↓

 

 

 

さてさて肝心の「すぐ死ぬんだから」の感想、まず音楽が好い感じ。キャストも好きな俳優さんばかりだし、それだけでも楽しいのに、お話が面白い。

 

おしどり夫婦で知られていたのに、亡き夫には愛人と子供が居たなんて━

というショッキングな事件を主軸に物語が進んでいきますが、重苦しさが一切なく、むしろ軽快に感じるリズムで描かれています。

 

三田佳子演じるハナの毒舌も、聴いてて小気味いいし、人生のちょっと先輩の物語だと思うと、ワクワクします。

 

自分が年を取ったので致し方ないことではありますが(笑)

今のドラマは20代30代ターゲットの物が多く、観ればそれなりに楽しんでいるのですが、やっぱり遠い世界というか、共感できる部分は少ないし、どこか冷めて観てしまう部分もあり。

 

その点この「すぐ死ぬんだから」は共感できる部分が多くて、心底楽しめています。

 

なんといっても、小松の親分さんのご出演♪

ベンジャミン伊東(伊東四朗)は「ムー」「ムー一族」等で拝見、ベンジャミン伊東の名が出るたびに、小松の親分さんを恋しく?思っておりました。

 

しらけ鳥音頭が大好きでした↓

しらけ鳥音頭

しらけ鳥音頭

  • 伊東四朗 & 小松政夫
  • コメディ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

「すぐ死ぬんだから」の中でしらけ鳥音頭が出るワケではないんですけれども。

 

4.ドラマ「すぐ死ぬんだから」放送予定日

 

ドラマ「すぐ死ぬんだから」は、

BS4Kでは毎週金曜日よる11時15分からと、毎週日曜よる10時から

BSプレミアムでは毎週日曜よる10時から

放送予定です。

 

BSプレミアムでは、翌週日曜夕方4:30からの再放送もあります。

9月13日(日)夕方4:30からは、第3回の再放送、ここからが佳境に入る部分ですので、今から観ても楽しめると思います。

 

見逃し配信はNHKオンデマンドで↓

www.nhk-ondemand.jp

 

 

 

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

ありがとうございました! 

また、ブックマーク、コメント、シェア、心より感謝申し上げます!

↓クリックで応援戴けると励みになります。よろしくお願い致します(^^)

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ  

にほんブログ村

 

関連記事はこちら↓ 

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com