ナゼキニエンタメ!

ナゼかキニなるドラマ、映画、漫画、本のお話。

【世界サブカルチャー史 欲望の系譜4】21世紀の地政学サイバーパンク編第1回【番組感想】

ナゼキニエンタメ!をご覧戴き有難う存じます✨ 

ミステリ好き、筆者の小幡リアン@nazekiniと申します。

 

今回は、私がBSでの放送当時から好きで観ている「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」という番組について記事にいたします。

よろしくお願いいたします。

「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」とは

 

「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」とは、2022年にNHK BS放送で始まった番組。

シーズン1はアメリカの戦後から10年ごとに時代を切り取り、当時流行った映画作品を軸に、どうしてそれが流行ったのかなどを時代背景とともに解説するシリーズでした。その後、シーズン2はヨーロッパ、シーズン3は日本と舞台を変えて放送された、約90分の番組。

 

シーズン3からはEテレでも放送開始、BSでの90分の放送を30分ずつ3回に分けて放送されています。

シーズン4はアイドル編、ポップス編、ヒップホップ編、ゴシック編など、ジャンル別に掘り下げて放送。

www.nhk.jp

  映画、ポップス、流行、社会風俗…、夢と現実の交差点、サブカルチャー。 メインからこぼれ落ちるエネルギー。人々の心の奥底を覗くとき、そこに見え隠れするのは、時代の痕跡か?それとも大衆の欲望か? 大好評の「アメリカ編1950ー2010s」に続き、シーズン2「ヨーロッパ編」、シーズン3「日本編」と、それぞれ60年代から90年代まで激動の時代、社会の空気の変化を追う、想像力の旅。 超大国の光と影、冷戦の緊張と緩和の中、時代のマグマはどこに噴出する? 世界の今、これからを考える為の異色の歴史エンタメ・ドキュメント。語りは俳優の玉木宏。

番組ホームページより引用

 

世界サブカルチャー史 欲望の系譜4【21世紀の地政学サイバーパンク編第1回】

 

ハイテクと暴力に彩られたSFの新ジャンルサイバーパンク

80年代アメリカに登場して以来人々を魅了し続けている

その世界観にはアメリカの日本に対するイメージが当初から色濃く反映されている━

(ナレーション玉木宏

 

 

サイバーパンクとは

 

サイバーパンクとは、1980年代にアメリカでうまれたSFのサブジャンルを指します。

遠い宇宙などをテーマにした従来のSFに対し、近未来の退廃的な社会を舞台に電脳空間サイボーグなどを描き出したサイバーパンク

 

SF誕生の歴史は18世紀後半のヨーロッパにまで遡ります。

イギリスでは産業革命、フランスでは熱気球による有人飛行の成功(1783年)

 

1865年世界初と言われる、ジュール・ヴェルヌによる現代的SF小説『月世界旅行』が発表されます。

月世界旅行 詳注版 (ちくま文庫 う 21-1)

 

1902年、ヴェルヌ『月世界旅行』などに着想を得た映画作品ジョルジュ・メリエス監督「月世界旅行」↓が公開されました。

月世界旅行

 

youtu.be

 

映画はフランスから国外へ海賊版として流出するほどの人気を博しました。

1895年、リュミエール兄弟による映画の誕生からわずか7年後のことでした。

 

映画芸術研究者/南カリフォルニア大学ヘンリー・ジェンキンズ教授によると

「初期のSFでは変化を想像するために何千年も先が描かれました

変化の激しい時代になるまでSFは必要なかったと考える人もいます

だから安定した中世には未来は今と同じだと期待されSFは不要でした

しかし20世紀に社会は急変しSFは近い未来を描けるようになりました」

 

 

Chapter 1 Forbidden 第1章 禁断

 

20世紀にはいるとSFの中心地はアメリカ映画へと舞台を移す━

 

1931年に公開されたジェームズ・ホエール監督による「フランケンシュタイン」

フランケンシュタイン(字幕版)

youtu.be

 

原作者メアリー・シェリーを描いた映画作品「メアリーの総て」

youtu.be

 

禁断の科学

神でもない人間が生命を操ることはいったいどこまで許されるのか━

 

1958年に公開された映画カート・ニューマン監督による「THE FLY(ハエ男の恐怖)」

ザ・フライ (字幕版)

 

物体を瞬時に別の場所に移動させる”物質電送機”を発明した物理化学者が、成功に気をよくし、自分の体で電送実験を試みるが、装置に紛れ込んだハエと自身の体が一部入れ替わり、おぞましいハエ男になってしまう

新たなテクノロジーには必ず代償が伴うのだ━

 

1950年代の日本━

1954年本多猪四郎監督「ゴジラ」公開

ゴジラ

 

1954年アメリカがビキニ環礁で行った水爆事件で、日本の漁船第五福龍丸が被ばくしたという現実が「ゴジラ」誕生のきっかけだったそうです。

 

「ゴジラ」大ヒットの影響もあったのか、その後日本では1971年放送開始の「仮面ライダー」や1972年放送開始の「人造人間キカイダー」のような、異形のスターが続々と誕生します。

www.youtube.com

人造人間キカイダー VOL.1 [Blu-ray]

 

怪獣図鑑も数多く出版されました。

東宝特撮全怪獣図鑑

 

いっぽう、「ゴジラ」では、ゴジラを倒すため、水爆をしのぐ威力を持つ装置オキシジェンデストロイヤーを開発した博士が、この恐ろしい装置が悪用されることがないよう、自ら命を絶つというエンディングを迎えます。

テクノロジーを無邪気に信仰していた時代は終わり、万能の科学技術を手にした人間の負うべき責任を問う時代へと移り変わろうとしていました。

 

 

Chapter 2 Cyberspace 第2章 新世界

 

1950年代から1980年代、アーサー・C・クラークアイザック・アシモフらが活躍した、緻密な科学知識に基づいたハードSFの時代へ。

2001年宇宙の旅〔決定版〕

われはロボット〔決定版〕

 

1962年、第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディによるアポロ計画に関する演説。

 

「アメリカはフロンティアを更新していった国」

と米文学者/慶應義塾大学名誉教授、慶應義塾ニューヨーク学院長巽孝之

「(アメリカ自体が新大陸、フロンティアだったけれども)

原住民をリザベーション(居留地)に追いやっていって

フロンティアが北米大陸で消滅した

フロンティアがなくなったら捏造してでもフロンティアを目指す

ニューフロンティア構想としてアポロ計画が発進していく」

「イギリスのJ・G・バラードブライアン・オールディスを中心にした

ニューウェーブSF運動がおこっていって

いってみればアメリカを主導とした

外宇宙開発に対する批判だったんですね

SFが相手にすべきは外宇宙ではなく人間の内宇宙だと」

 

J・G・バラード『NEW WORLD』1962年5月号より

「もし誰も書かなければ、私が書くつもりでいるのだが、

最初の新のSF小説とは、アムネジア(記憶喪失)の男が浜辺に寝ころび、

錆びた自転車の車輪を眺めながら、

自分とそれとの関係の中にある絶対的な本質を掴もうとする、

そんな話になるはずだ。」

 

折しもカウンターカルチャー全盛の時代

物質的繁栄を至上命題に人間のエゴを無条件に肯定する風潮にも反発が生まれ

自然との調和への関心が高まっていた━

 

スティーブ・ジョブズもこのころ、ヒッピー的ライフスタイルや禅などに没頭していたには有名な話、ということでした。

 

1969年アポロ11号が月面着陸成功、人が乗った司令船が海に落下するというその帰還方法は、ジュール・ヴェルヌの描いた『月世界旅行』とそっくりだったそうです。

 

人間が想像できることは

人間が必ず実現できる

ジュール・ヴェルヌ

 

1984年、アメリカスーパーボウルのテレビ中継の合間にパソコンマッキントッシュのCMが限定公開されました。

 

ジョージ・オーウェルのSF小説『1984』(1949年)を元に映画監督リドリー・スコットが制作したそのCMは、パーソナルコンピュータが大衆の手に渡る新時代をテクノロジーの民主化と宣言したのだ、とナレーションが入ります。

 

この年、サイバーパンクの世界観を広く世に知らしめる作品、ウィリアム・ギブスンによる「ニューロマンサー」出版

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

 

「何が書いてあるかわからない

全く新しい世界

描く言葉自体が新しかった」

巽孝之教授)

 

”第1部千葉市憂愁チバ・シティ・ブルース

(中略)

その頃のケイスときたら、

マトリックスと呼ばれる共感覚幻想の中に、

肉体を離脱した意識を投じる

特注電脳空間サイバースペース

デッキに没入ジャックインして━

若さと技倆の

副産物でもあったろうが━

ほぼ恒常的な

アドレナリン高揚状態で

活動していたものだ。”

(「ニューロマンサー」)

 

舞台は、コンピュータネットワークが張り巡らされ、巨大企業と暴力が支配する退廃的な未来都市千葉市チバシティチバシティ

主人公ケイスはコンピュータカウボーイと呼ばれるハッカーで

サイバースペースに没入して企業情報を盗み出すことを生業とする

自らの脳とネットワークを直接繋ぐ電脳空間のイマジネーション

サイバーパンクと呼ばれる世界だった━

 

「サイバーパンク2077」ゲーム原作者でもある、ゲームデザイナーマイク・ポンスミス

「誰かにギブスンの作品を読めと言われた

読み始めると止められなくなった

これはやばい!ってね」

マイク・ポンスミスのサイバーパンク論

「80~90年代に多くのテクノロジーが

一般の日地が帰る価格になりました

テクノロジーを手にした普通の人々は

非常に大きな力を持ちましたが

世界をコントロールしたのは

人々ではなく巨大企業でした

巨大企業が台頭し始めた時代に

若者たちはそれに対抗しようとした

だから(主人公がテクノロジーを手に権力と戦う)サイバーパンクは若者を勇気づけたのです

若者はサイバーパンクの世界を自分自身をエンパワーするものを見ました」

 

電脳空間サイバースペース

肉体を離れた歓喜のために

生きてきたケイスにとって、

これは楽園放逐だった。

(中略)

体など人肉なのだ。

ケイスは、

おのれの肉体という牢獄に

堕ちたのだ。”

(「ニューロマンサー」)

 

巽孝之教授

「サイバースペースに入れない人間は

肉の牢獄に堕ちている

(しかし、サイバースペースに入って活躍できる人間は)

肉体を超えた楽園をみている

(その楽園というのが)

サイバースペースという名前の

アメリカ自体が見ていたフロンティアじゃないかというのが私の定義です

日本に対する憧れと反発のアンビバレンス

愛憎が入り混じったところに

エキゾティシズムが生まれる」

 

80年代アメリカにとって日本のイメージは不思議なハイテクの国━

 

ウィリアム・ギブスンの言葉

”『ニューロマンサー』で描いたのは、

まさに現在の日本のすがただ。

これを日本事態の読者がどう受け止めてくれるか、

ほんとうに楽しみだよ。

きみたちは未来に住んでいる”「サイバーパンク・アメリカ」より巽孝之

 

ディレクター中村市子

プロデューサー高橋才也

制作統括小野さくら丸山俊一

制作協力テレビマンユニオン

制作NHKエンタープライズ

 

 

世界サブカルチャー史 欲望の系譜4【21世紀の地政学サイバーパンク編第1回】感想

 

正直、SFは食わず嫌いに近いものがあって、知らないことが多かった今回、SFも読んでみようかな、という気になるほど実に楽しみました。

 

特に、サイバーパンクの世界を描いたと言われる『ニューロマンサー』の舞台が千葉ということに不思議な所縁を感じましたし、1984年という年は私自身、思春期青春期だったので是非とも読みたいと思いました。番組の思うつぼ?

 

ゲームも興味のない世界で、「サイバーパンク2077」のことも全く存じませんでしたが、映画のようですごいですね。

youtu.be

 

漫画は大好きですが、アニメーションは大人になってからは苦手となってしまったため、これ以上の興味は持てませんでしたが。

 

以前、映画で描かれたことは現実化するという話を見聞きしたことがあるというのを、ブログ上にも書いたと思うのですが、多分元になっているのはジュール・ヴェルヌの言葉なのだろうなといのもわかり、このシリーズで久々に最初から最後まで夢中になって視聴した回でした。

 

※以上全て敬称略

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
応援☝いつもありがとうございます♪

関連記事はこちら↓

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com