ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

「パンとスープと猫日和」サウンドトラック【心のリハビリ?!】

 

先日挙げました、こちらの記事の中でも少し触れましたが、

 

 

www.nazekini.com

「パンとスープと猫日和」のサウンドトラックは、いろいろな番組で耳にします。

特に二曲目「ラテン・ストリート」、まさに「趣味どきっ!」の中で流れる曲です。

 

パンとスープとネコ日和 オリジナル・サウンドトラック

パンとスープとネコ日和 オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

ラテンストリート

ラテンストリート

  • 金子隆博
  • サウンドトラック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

聴いたことある!という方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

米米CLUBのサックス担当、”フラッシュ金子”でお馴染み金子隆博(敬称略)の作品。

テーマ曲「パンとスープと猫日和」は大貫妙子(敬称略)作品です。

 

 

パンとスープとネコ日和

パンとスープとネコ日和

  • 大貫妙子
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

「パンとスープと猫日和」は2013年にWOWOW連続ドラマWで放送された、群ようこ(敬称略)の小説を原作としたドラマ。

 

 

第一話
 

 

 

パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)

パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)

 

 

私はドラマも観て、原作も読みました。

 

小説の方は、なんだか辛かったという思いだけが残っていて、ストーリーを覚えておりません(笑)

 

ドラマも、雰囲気で観ていたものですから、あらすじを説明する自信がなく(おいおい)、しかし原作とはちょっと違っていたことは覚えております。

 

主演は小林聡美(敬称略)で、監督は「マザーウォーター」の松本佳奈(敬称略)

 

マザーウォーター

マザーウォーター

 

 

↑これみると、呑みたくなっちゃうんですよね(笑)

 

「パンとスープと猫日和」は優しい色合いの画面で、当時すごく癒される~とゆるゆるしておりましたが、音楽の効果が絶大なことに気づきまして。

以来「パンとスープと猫日和」のサントラはiPhoneに必ず入れています。

 

元々ピアノ曲は好きな方でしたが、この「パンとスープと猫日和」のサウンドトラックもピアノ曲が多くて、すごく好きです。

 

金子隆博(敬称略)は、職業性ジストニアでサキソフォーンが吹けなくなってしまってからピアノを始められたとラジオか何かで聴きまして、ご自身を「ピアノ初心者」と仰っておられ、すごいなあと思ったことも覚えています。

 

同じ曲のアレンジ違いというのも多いですが、それはまたそれでいい!(笑)

 

 

仕事が超多忙だった時期と更年期が重なってしまい、一時期は仕事以外は寝込んでいるような日々、音も大きなストレスでした。

 

仕事以外で音楽を一切聴かない日々が続いた後、そろそろリハビリしようかと(笑)最初に聴いたのが「パンとスープと猫日和」のサウンドトラックでした。

 

そこから徐々に、再び音を楽しめるようになり。

 

今では、BGMをかけながらブログを綴れるようにまで!(通販番組か👋)

 

なので、私にとって「パンとスープと猫日和」のサウンドトラックはリハビリ音楽。

 

ちょっとくたびれちゃったなあというときに、熱いお茶と、このサントラで一息ついてみませんか。

 

 

 

なーんちゃって!

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!