ナゼキニ

歌う文筆家💎猫目宝石のナゼかキニなるエトセトラ

【RAJIE(ラジ)】【伊藤銀次】ナゼか冬の曇りの日に聴きたくなる【冬に聴きたいシティポップアルバム2選】

 

冬はつとめて

は、清少納言ですが、冬はなんてったって曇り空、猫目宝石です。

 

そして、ナゼかは全くわからないのですが、冬の曇りの日にはRAJIE(ラジ。敬称略)の「アコースティック・ムーン」が聴きたくなるのです。

 

1.ACOUSTIC MOON/RAJIE (敬称略)

 収録曲

  1. ROSY BLUE
  2. 紫苑(シオン)
  3. アコースティック・ムーン
  4. ストーミー・ナイト
  5. ブラック・ムーン
  6. 薔薇のグラス
  7. Do you wanna dance
  8. パラダイス・ワイン
  9. メモリー・スルー(追想
  10. パズル・ヌーン
  11. リラの日曜日

 

私がラジを知ったのは、中学生時代。

同級生がカセットテープを貸してくれたのがキッカケでした。

 

カセットテープっても、自宅で録音したものじゃあないですよ。

CD以前は、レコードと同時発売でカセットテープも販売されていたのです。

こんな感じ↓ 

f:id:nazekini:20181212115049j:image

 

年季入ってますw

 

こんな風に、ラジの「アコースティック・ムーン」もレコードジャケットと同じ柄(柄?)のカバーに入っておりましてね。

 

アコースティック・ムーン

(Amazonより)

 

さすがにカセットテープの写真は見当たらず、レコードジャケットの写真ですが(笑)

当時の私には、ジャケットも楽曲も小洒落た、大人っぽ~いって、感じで。

 

二曲目の「紫苑(シオン)」という曲が、特に冬の曇り空~なイメージなんです、ホント、ナゼかはわからないのだけれども。

 

残念ながら「紫苑」も「アコースティック・ムーン」もiTunesに見当たらず試聴が出来ず💦

 

違うアルバムの曲ではありますが、声と雰囲気だけでも~↓

たびだち

たびだち

  • ラジ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
THE TOKYO TASTE

THE TOKYO TASTE

  • ラジ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ↑チラッと聴こえる男声は南佳孝(敬称略)と思われ。

 

南佳孝は「アコースティック・ムーン」5曲目「ブラック・ムーン」作曲でご参加されています。

 

ラジご本人ではありませんが、カバーを発見↓

ブラック・ムーン (RAJIE)

ブラック・ムーン (RAJIE)

  • 一十三十一
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

余談ですが南佳孝といえば、この曲な私↓

PARADISO

PARADISO

  • 南 佳孝
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ナゼなら、元宝塚トップスター真矢みき(現・真矢ミキ)が歌っていたから(元ヅカファンですww)↓

PARADISO

PARADISO

  • 宝塚歌劇団・真矢みき
  • J-Pop
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

もとい。 

 

「アコースティック・ムーン」1981年のアルバムなんですが、ものすごい面々が参加。

高橋幸宏、南佳孝、杉真理、筒美京平、後藤次利、糸井重里、来生えつこ作詞・作曲参加し、井上鑑がアレンジを務める。

 (Amazonより)

 

ここには書いてなかったけれど、大貫妙子(敬称略)も11曲目「リラの日曜日」作詞でご参加。

 

私、大貫妙子も大好物です↓

www.nazekini.com

www.nazekini.com

 

 2.SUGAR BOY BLUES/伊藤銀次(敬称略)

収録曲

  1. 恋のリーズン/TELL ME WHY
  2. NIGHT PRETENDERS
  3. ちがうんだよ/MY LITTLE SWEET KISS
  4. シンデレラリバティなんて怖くない/DON'T BE AFRAID OF CINDERELLA LIBERTY
  5. 恋のソルジャー/EMPTY CONVERSATION
  6. 真冬のコパトーン
  7. フールズ・パラダイス/FOOL'S PARADISE
  8. SUGAR BOY BLUES
  9. DEAR YESTERDAY
  10. AUDIO-VIDEO 
  11. HANG ON YOUR DREAM

 

「アコースティック・ムーン」と同じようにやっぱりナゼか冬に聴きたくなるのが、伊藤銀次(敬称略)のアルバム「SUGAR BOY BLUES」

 

 こちらのアルバムはAmazonで試聴できました↓

SUGAR BOY BLUES

SUGAR BOY BLUES

 

 

レコードジャケットに雪だるまが描かれているからでしょうかねえ。

1982年のアルバムです。

 

おわかりの方々もいらっしゃると思いますが、このレコードジャケットは、オサムグッズで一世を風靡した、原田治(敬称略)の作品。 

SUGAR BOY BLUES

www.osamugoods.com

 

伊藤銀次ご本人様のブログの、数年前の記事にも載っていますが、すごい方々がレコード・ジャケットを描かれていたんですよね~。

ameblo.jp

 

「いだてん」でもおなじみ横尾忠則↓

BABY BLUE

秋山育↓

STARDUST SYMPHONY '65-'83

日比野克彦↓

WINTER WONDERLAND(紙ジャケット仕様)

(全て敬称略)のお名前が挙がっておりました。

 

そう、レコードってジャケットも、というかジャケットが最大の楽しみ(楽曲ありきなのは言わずもがなですが)

 

 なので、レコードを聴くときは、必ずジャケットも並べる私です。

f:id:nazekini:20181212141456j:image

↑こんな感じ。

 

話を「SUGAR BOY BLUES」に戻して。

もうね、一曲目のイントロから、THE冬って感じがするんですよ、理由もなく、ノーリーズン。

1曲目は「恋のリーズン」↓

恋のリーズン

恋のリーズン

  • 伊藤 銀次
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

当時特に好きだったのが、レコードで言うところのB面4曲目(だったと思う)「Audio‐Video

Audio-Video

Audio-Video

  • 伊藤 銀次
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

この曲が始まるとテンション上がって、踊り狂ってたアホアホ中学生ww

 

佐野元春(敬称略)の楽曲もあります↓

恋のソルジャー

恋のソルジャー

  • 伊藤 銀次
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

チェッカーズなどでブレイク直前の売野雅勇(敬称略)も多数ご参加されています↓

シンデレラリバティなんて恐くない

シンデレラリバティなんて恐くない

  • 伊藤 銀次
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

チェッカーズといえばギザギザハートの康珍花(敬称略)作品も↓

Dear Yesterday

Dear Yesterday

  • 伊藤 銀次
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

昨今再び、そして世界的にも注目を浴びている80年代の日本の「シティ・ポップ」

 

中学生時代に聴いていたっきりで、そのころは「ニューミュージック」と呼ばれていましたがw

 

数年前からナゼかキニなりだしたら、毎週録画している「YOUは何しに日本へ?」でも話題になり。

www.tv-tokyo.co.jp

amass.jp

 

おかげで聴きたかった曲をすぐ聴けたり、有難いです。

 

とはいえ、これだけ音楽配信サービスが出来ても、古い曲はまだまだ手に入りにくいですね~海外からレコード買いに来るワケですね。

 

以上、私が【冬に聴きたいシティポップアルバム二選】でした。

 

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

本日もありがとうございました! 

クリックで応援いただけるととてもうれしいです♪よろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

関連記事はこちら↓ 

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com