ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【ジワる】そしてクセになる”間”『ザ・ファブル』【原作マンガ感想】

 

マンガ大好き50歳、なんちゃって専業主婦の猫目宝石でございます。

えー、絶賛上映中の「ザ・ファブル」

the-fable-movie.jp

 

去年、家族から原作マンガを「面白いよ」とすすめられていたのですが、最近やっと拝見しまして。

 

一回観たらすっかりハマって、また最初から観ています(笑)

 

今回はそんなファブルのお話。

まずは、この曲でヴァイブスぶち上げちゃってください↓

Born This Way

Born This Way

  • レディー・ガガ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

1.『ザ・ファブル』とは

 

『ザ・ファブル』とは、『週刊ヤングマガジン』にて2014年から連載中の、南勝久(敬称略)によるマンガ作品。

 

単行本は現在18巻まで出ています。

ザ・ファブル(18) (ヤングマガジンコミックス)

 

その大人気コミックが岡田准一(敬称略)主演で映画化。

 

2019年6月に公開されましたので、映画観たよの方々もいらっしゃると思います。

the-fable-movie.jp

 

2.『ザ・ファブル』ストーリー 

 

”ファブル”=寓話という意味を持つ名で呼ばれる、”伝説の殺し屋”が、一年間”休業”して一般人として”フツー”に暮らせという命を受け、大阪に引っ越すところから物語が始まります。

 

ところが、フツーに暮らそうとするファブルを、周りはなかなか放っておいてくれません。

 

ある時は巻き込まれ、ある時は人助けのため、封印している力を使う羽目に。

 

ファブルにとって難しいのは、誰もころさないということ。

万が一ころしてしまった場合、自身が始末されてしまうのです━

 

映画では、単行本5~7巻あたりのエピソードをクライマックスに持ってきてるっぽいですね。

 

ザ・ファブル(5) (ヤングマガジンコミックス)

ザ・ファブル(5) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

ザ・ファブル(6) (ヤングマガジンコミックス)

ザ・ファブル(6) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

ザ・ファブル(7) (ヤングマガジンコミックス)

ザ・ファブル(7) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

 ヤングマガジンのサイト↓第一話を無料で読むことが出来ます。

yanmaga.jp

 

3.感想

 

家族からファブルの話を聞いた時、頭に描いたイメージは『ピューと吹く!ジャガー』でした。

 

なんでだろう。 

テツandトモのなんでだろう

テツandトモのなんでだろう

  • テツandトモ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

家族から聞いたのは、

ファブルが子供の頃に、ナイフ一本持たされて山に置き去りにされ、自力で帰ってこいと言われたというエピソード━

 

だったのですが、なぜか、頭の中には↓

ピューと吹く!ジャガー モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

「面白い」「面白い」きいてたから、ギャグマンガのイメージだったんですよね。

しかも、こういうゆるい感じの。

 

ところがどっこい、蓋を開けてみたら、劇画調。

 

f:id:nazekini:20190727162740j:plain

画像引用元『ザ・ファブル』第二巻60ページより

めっちゃ鳥の画リアル&かわいい♡

マンガでは「ズグロシロハラインコ(頭が黒くてお腹が白い)」ですが、映画では「ナナイロメキシコインコ(赤、黄色、緑など鮮やか)」のナナちゃんがファブルのペット、”カシラ”役です。

 

ズグロシロハラインコタレントが不足してたのかな。

 

で、話を本筋に戻すと。

 

『ザ・ファブル』確かに面白いのですが、ゲラゲラ大笑いする、というのではなく、今時で言う、

「ジワる」

という表現がぴったりです。

 

お決まりのオチみたいなものがいくつかあって、最初はどこが面白いんだろう?って思うんですが、回数追うごとにクセになる。

 

そんな笑いなもんで、何度も観たくなってしまう私(笑)

 

「ザ・ファブル」映画感想をいくつか拝読したのですが、原作をみていない方がやっぱり「どこが面白いんだろう」とのご感想多く。

 

「そうだろうなあ」

と思ってしまった私。

 

原作マンガでは、独特の間があるんですよね。

 

なんというか、マンガのコマ割り、ページ配分(配分?構成)も「笑い」に深くかかわってるンじゃあないでしょうかね、映像で同じ事やっても原作ほどの面白さはナイんじゃあないかと。

 

素人ながらそう感じました。

 

なので、映画「ザ・ファブル」キニなる方は、原作マンガをご覧になられてから映画館へ行くコース(コース?)をおすすめいたします。

 

ただね、岡田准一ありきの実写化だなあって思います。

じゃなきゃジャッキー・チェン(ちょっと違う?)

 

アクションがすごい!早すぎて、止まってるようにみえる←マンガだから……。

 

面白い、とはいっても主人公が闇の世界の方なので、目を覆いたくなるシーンもございます。その辺は御覚悟の上で~。

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

クリックで応援いただけるととてもうれしいです♪よろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村