ナゼキニ nazekini

ナゼかキニなるエトセトラ~I am curious about that for some reason.

【ルパンの消息】ナゼかキニなる【三億円事件】モチーフのドラマと原作を拝読したネタバレ【感想】

当ブログにお運び戴きありがとうございます

「ナゼキニ」ブログ筆者の猫目宝石@nazekiniと申します。

 

ナゼか、いわゆる「三億円事件」をモデルとしたドラマ、漫画、小説があると知るとキニなる私。

 

今回は「ルパンの消息」を拝見しましたので、その感想を。

よろしくお願い致します。

ドラマ「ルパンの消息」とは

 

ドラマ「ルパンの消息」とは、2008年WOWOWオリジナルドラマ「ドラマW」として放送された作品。

ルパンの消息 [DVD]

 

WOWOWの紹介には

ベストセラー作家・横山秀夫の幻の長編処女作を映像化したサスペンスドラマ

とありますが、原作である『ルパンの消息』は1991年サントリーミステリー大賞で佳作を受賞していながら、書籍化されたのは発表から15年後というのが”幻の”という所以。

↓ ↓ ↓

ルパンの消息 (カッパノベルス)

 

 

ドラマ「ルパンの消息」あらすじとキャスト

 

  15年前自殺として処理された女性教師の墜落死は、実は殺人事件だった。警視庁にもたらされた一本のタレ込み情報により、新たに捜査チームが編成され、溝呂木上川隆也)が指揮を執ることに。時効成立まで24時間。事件解決に執念を燃やす溝呂木には、過去に3億円事件で時効を迎えた苦い思い出があった…。当時の教え子だった男子高校生や、当時の教師など関係者を取り調べていくうちに別の事件との思わぬ関係が見えてきて…。

WOWOWhttps://www.wowow.co.jp/detail/060327より引用

 

当時の教え子だった男子高校生”として、”喜多”役岡田義徳、”竜見”役新井浩文、””役として柏原収史がご出演。

キャストは他に、佐藤めぐみ長塚京三吹越満津田寛治塩見三省羽田美智子遠藤憲一などなどがご出演されています。

 

「ルパンの消息」ネタバレ感想 

 

私がドラマ「ルパンの消息」のことを知ったのは、三億円事件をモチーフにした映像化作品を探していた時の事。

 

三億円事件についてざっくり説明すると、1968年12月10日に発生した、東京芝浦電気の社員のボーナス2億9430万7500円銀行からの輸送中に奪われた事件

たくさんの遺留品があったにもかかわらず未解決のまま時効を迎えたので”完全犯罪”と言われ、この事件をモチーフにした作品が数多く存在します。

 

さて、私、WOWOWはよく観ていたのに、ドラマWで「ルパンの消息」が放送されたことを全く知らず、というか気づいておらず(笑)で観ておらず。

 

「悪魔のようなあいつ」を観た流れで「ルパンの消息」も観たいと思い、レンタルビデオにて鑑賞した次第でございます。

「悪魔のようなあいつ」についてはこちら。

↓ ↓ ↓

www.nazekini.com

 

ドラマ「ルパンの消息」三億円事件のことが出てきたのは冒頭部分だけかあ、なーんだ、などと思って観ていたら、最後の最後に繋がって、よくできたドラマだと思いました(どこから目線?)。

 

ただ今回も三億円の行方については触れていないのは、私としては残念。

しかし予想を次から次へ裏切られる展開で、推理ドラマとして私にとっては滅法面白いドラマでした。

 

ドラマが面白かったので、原作本も拝読。

↓ ↓ ↓

ルパンの消息 (光文社文庫)

 

拝読する前に、これが横山秀夫のデビュー作というのは知っていたのですが、日の目をみるまで15年もかかっていたとは露知らず。

 

私が拝読した文庫版は、WOWOWでドラマが放送されたのと同じ2008年に加筆修正され、2009年に発売されたもので、”幻”の所以もそのあとがきに書かれてありました。

 

ちなみに、ドラマを拝見していて、なんとなく松本清張っぽいなあなどと思っていたら、横山秀夫新聞記者から作家になられたのだとか。他の作品も読みたくなりました。

 

人気作家作品が映像化されるとき、原作と登場人物や設定などが違うことがありますが、このドラマ「ルパンの消息」については、ほぼ原作通り

 

相違点としては、ドラマ溝呂木を主として物語が進んでいきますが、原作では男子高校生3人組が推理を進めていく流れで、どちらかというと男子高校生3人組の方がメインでした。

 

他に、

  1. 嶺舞子の犠牲者の中には教え子もいたこと
  2. その教え子が校長の姪(実子と言う噂アリ)で喜多と交際していたこと
  3. 相馬の自殺に妹が深くかかわっていたこと

が原作にあってドラマでは描かれていませんでした。

この3点は衝撃的だったので、ドラマには描かれていなくてよかったかなとも思います。

 

ここからがさらなるネタバレ

↓ ↓ ↓

 

 

ドラマ冒頭で三億円事件発生時のシーンがあり、その後三億円事件の被疑者”内海”が時効を迎えた瞬間に不敵に笑って警察署を去る━その後は”ルパン作戦””嶺舞子殺人事件”の話がメインで、先述しましたが、

「三億円事件の話はどーなっちゃったの?」

と思っていたら、嶺舞子殺人事件三億円事件の民事時効と関わりを持っていたという繋がりでした。

 

嶺舞子を殺してしまったと思った日高鮎美は橘の指示で舞子を金庫に入れますが、その金庫には内海が隠した三億円が入っていたという仕掛け(仕掛け?)

 

舞子が息を吹き返し、金庫のことがバレることを恐れた内海舞子殺害に至ったという話(まあそれだけではないのですけれども)。

 

しかし、舞子は金庫内で息を吹き返したのに酸欠で再び失神、死んでいると思われ校舎2階から投げ落とされ、その後再び意識を取り戻したというのに、今度は内海に屋上から落とされた、というのはちょっと気の毒な感じでしたね~。

まあしぶとくもあったともとれますが(笑)

 

ドラマで、遠藤憲一長髪姿でご出演されるシーンがあったのですが、そこでお腹が痛くなるほど笑ってしまったのはここだけの話で。

一番の衝撃映像でした。

 

※以上全て敬称略

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございます🍀 

関連記事はこちら↓

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

 

 

コメント、シェアお気軽に😄

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
応援☝いつもありがとうございます♪