ナゼキニ

更年期主婦猫目宝石のナゼかキニなる漫画とドラマと薬膳漢方&エトセトラ

【エイリアン通り】ナゼかキニなる1982年のLaLaを買ったら、2018年の今思っていることに繋がったお話【昭和の少女漫画】

【2018年9月3日公開2020年9月加筆修正】

昭和のマンガで育った、「ナゼキニ」ブログ筆者の猫目宝石@nazekiniと申します。

当ブログにお運びいただき、ありがとうございます✨

 

50になるよという年になって、ポイント消化という目的で漫画をダウンロードするようになりました。

 

子供の頃に持っていて手放した漫画で、もう一度みたいと思ったモノを探して、あればダウンロードするのが基本?ですが、ある時、昔は好きだったけれども、今はそれほどでも~という作品が妙にキニなり。

 

それは、『エイリアン通り(エイリアンストリート)』

今回はナゼかキニなる『エイリアン通り』のお話です。

よろしくお願い致します。

 

 

1.『エイリアン通り』とは

 

『エイリアン通り』とは、白泉社から発行されている少女漫画雑誌『LaLa』誌上に、1980年から1984年にかけて連載された、成田美名子(敬称略)による漫画作品。

 ←画像クリックで無料試し読みが出来るサイトに飛びます。よろしかったらどうぞ♪

 

単行本は全8巻、文庫版全4巻↓

エイリアン通り 1 (花とゆめCOMICS)エイリアン通り(ストリート) 1 (白泉社文庫)

 

 

2.『エイリアン通り』あらすじ

 

物語の舞台は、80年代前半のロサンゼルス。

4年飛び級をした頭脳明晰、容姿端麗の大学生”シャール”と、ビバリーヒルズの彼の豪邸に転がり込んできた、フランス人留学生”ジェラール”、シャールの同居人で日本人の””、イギリス人執事の”バトラー”、シャールのいとこでアラビア人の”ナーディア”とシャールの世話係?”セレム”を中心とした、笑いあり、涙ありの青春ストーリー?

 

主人公シャールの出自がナゾだったり、宝探しをしたり、映画に出たり、事件にまきこまれちゃうようなミステリーもあったりで、あらすじの説明が出来ません💦

 

主要登場人物の心の成長が主軸で描かれていると思うので、青春ストーリーかな、と。

 

3.『エイリアン通り』との出会い

 

私が『エイリアン通り』を知ったのは、と、書き始めたものの、はて?さっぱり思い出せませんw

 

覚えているのは、『エイリアン通り』の絵柄、特にカラー絵が好きだったのと、単行本の巻数を表す数字がローマ数字だった(初期に発行された第3巻まで)のがカッコいいと思い、すでに出ていた単行本第2巻までをまとめて買ったこと。

特に好きだった2巻の表紙↓

エイリアン通り 2 (花とゆめCOMICS)

 

同時期に『LaLa』を毎月買い始めているので、『LaLa』で観て知ったのかとも思ったのですが、最初に購入した『LaLa』に『エイリアン通り』の本編が載っていないところをみると、どうも単行本を先に買っているようです。

 

単行本といえば、『エイリアン通り』をきっかけに、成田美名子作品の『あいつ』『みき&ユーティ』シリーズを買い集めました。

あいつ 全2巻セット

 

ウェルカム―みき&ユーティシリーズ (花とゆめCOMICS) (1978年)

画像引用元Amazon

 

『エイリアン通り』は、単行本第4巻までは発売を待ち構えて購入していたのですが、その後は恐らくバンド活動を始めたため、漫画を買う余裕がなくなったのだと思います(笑)

 

結局、中途半端なまま手元にあった単行本も金策のため(あ)手放してしまいました。

 

 

4.『エイリアン通り』にまつわるナゼキニ現象

 

冒頭に書きました通り、今現在ポイントで買い集めている漫画のほとんどは、過去に手放した漫画なのですが、不思議と『エイリアン通り』は物語のラストを知らないままだったのにも関わらず、

「今一度最後まで」

という気持ちにはなりませんでした。

 

それなのに、ある日突然ナゼかキニなりだしまして。

  

ナゼかキニなることを、そのままにしておかないと決めたので、ポイントあるし、まあダウンロードしてみようと。

 

電子書籍化されているのは文庫版のみのようで、文庫版一冊には、単行本二冊分の物語が収録されています。

  

私が特にキニなったのは文庫版第2巻。

←画像クリックで無料試し読みできるページに飛びます。

 

単行本で言うと第3巻、4巻のお話。

持っていたのにナゼ?と読み進めていてビビッときた、121ページのひとコマ、セレムのセリフ↓

 

「彼もあなたも

宇宙という

大きな生き物の

一部であり

宇宙を構成する

細胞の一つなんです」

 

「ですから

一人の人間の

頭の中の自我というのは表面だけで

深いところでは

宇宙という根で

誰もがつながって

いるわけです」

『エイリアン通り』第2巻121ページより

 

 

第二の思春期と言われる更年期になって読んできた本に、やたら”繋がってる”というキーワードが出てくるので、とても意識しているのですが、なんと、ホントの思春期にコレをみていたとは。

 

それで呼ばれたのか、なんて思っていたのに、すぐに日常にかまけてしまって忘れておりましたら、またまたナゼキニ現象。

 

今度は、1982年の『LaLa』がナゼキニなってしかたない(笑)

 

『LaLa』に関して言えば、数年前からやたらにみたくなって、2018年に入ってついにまんだらけ通販で購入。

 

その時に手に入らなかった号を含むセット売りをみつけてしまい、これがナゼキニ(笑)

 

すでに買ったのとダブりがあるし、とか、買わない理由をいろいろ挙げてみても、ナゼかキニなる。

 

結局、信念に従い?ええい、と購入、届いて最初に観た1月号の『エイリアン通り』で、またまたセレムのあのセリフのシーンに当たり、ハッとしました。

証拠写真(笑)↓『LaLa』1982年1月号73ページより

エイリアン通り『LaLa』1982年1月号73ページより



これは何かのサイン。

何かを思い出せとでも言われているような━

 

わかるまで、漫画をみるしかない。←え?

 

 

当ブログにお越しくださり、

お読みいただき、

ありがとうございました! 

また、ブックマーク、コメント、シェア、心より感謝申し上げます!

↓クリックで応援戴けるととても励みになります。どうぞよろしくお願い致します(^^)にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村  

 

関連記事はこちら↓  

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com