ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【家事ってナンボ?】嫌いな家事をどうやり過ごす?【ここが困ったコーネンキ】

 

貴方は嫌いな家事はありますか?

家事って、かじって、家事ってナンボ?

 

おしりかじり虫(フルバージョン)

おしりかじり虫(フルバージョン)

  • おしりかじり虫
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

このところ買い物ウツが激しくて、思わずインターネットで「嫌いな家事」を検索した猫目宝石 (id:nazekini) です。

 

私の嫌いな家事ナンバーワン、THE買い物。

 

世間の方々はどの家事が嫌いかしら?なんて、ワクワクしながら検索すると……

 

まさかの、買い物ランクインならず。

もしや買い物は家事ではないのだらふか……?

 

そこで、”嫌いな家事 買い物”で検索をかけてみた←なんだその探求心。

 

そしたら、でたでた、ありましたよ、「買い物」!

よかった、家事だった。

 

1.好きな家事、嫌いな家事、ランキング

 

2016年6月のデータですが、ランキングを発見。

 

suumo.jp

 

sumosumosumosumoSUUMOO!とISSA(敬称略)が叫んでいる、スーモの「SUUMOジャーナル」です。

 

これによると、買い物は好きな家事の順位が高いですが、嫌いな家事の方にも一割弱入ってる!私一人じゃないのね♪

 

ひとりじゃないの

ひとりじゃないの

  • 天地 真理
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

2.買い物が嫌いな理由を考えた

 

スーモの記事でも、好きな家事、嫌いな家事、それぞれ理由が挙がっていたので、私も買い物が嫌いな理由を考えてみました。

 

っつっても、嫌いなものは嫌いなんだよ、とグレそうになったので、好きな家事とその理由から考えてみることにしました。

 

私の場合、料理も掃除もヘッタクソですが、割と好きです。

洗濯は好きな家事ナンバーワン!

 

その理由は、ズバリ達成感!

 

料理も洗濯も、ゴールが見えている作業。

掃除はちょっとエンドレス感ありますが、それでもキレイになると達成感が得られる。

 

と、いうことは、買い物では達成感を得られないと思っていることが、買い物が嫌いな理由である、と。

 

「え?行って買えば終わり、達成感あるんじゃないの?」

 

……と言われてしまえば、ハイ、それまでよ。

 

ハイそれまでヨ

ハイそれまでヨ

  • ハナ肇とクレイジー・キャッツ
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

3.買い物のナニがイヤかを考えた

 

「行って買えば終わり」

そうはゆーても、まず行くのがイヤだ。

 

ということは、出かけることがイヤなのかと検証(検証?)

 

散歩は好きなので、出かけること自体はそれほどイヤでもない。

 

行くのがイヤだ、は結局は”買い物”にかかってくるワケで。

 

インターネットを通じての買い物もしますが、今は結構なストレス……

 

ん?「今は」?

 

それで思い出したんですが、以前は今ほどイヤでもなかった、ということ。

 

こうしてじっくり見つめなおしてみると、だんだん見えてきたことがありました。

 

4.決断力の低下

 

ウツ傾向にある人は決断力が低下する、とはよく聞くお話。

 

そう、更年期はウツ状態にも見舞われることがあります。

 

ここで少し訂正というか、言い訳というか、更年期になったら誰しもがウツになったり、体調不良になったりするワケではございません。むしろ、本来であれば、更年期障害というものはナイ、というのが中医学的、東洋医学的視点。

 

ま、その件は今は置いといて。

 

決断力の低下というと、何か大きな決断が出来ないことのように感じられる方々もいらっしゃるかもしれません。

 

ところがどっこい、人生は決断の連続だ!

 

朝起きて、先に着替える?顔洗う?

 

朝食、味噌汁から食べる?パンから?(ん?)

 

そんなこと考えているとか、決断しているとか、全く意識してはいませんが、確かに脳は決断して行動しているのです、ババーン!

 

そう、決断力の低下とは、ズバリ脳機能の低下。

ウツ病が「脳の風邪」ともいわれる所以です。(おいおい、脳科学者でもないのに断言しちゃったよ)

 

で、買い物(長い前置きだな)

 

買い物には大きな決断力を伴います(なんと!)

 

限られた予算の中で、また限られた時間の中で、必要なものをなるべくお得にゲットするために、脳みそフル回転させているのであります!

 

けれども、コーネンキのホルモンさんのいたずらで、お脳の方も混乱、疲れ気味、となれば「もう働けない、アタシ!」という脳の悲鳴が聞こえるワケです(ホラーだな)

 

5.結論、分析してやり過ごす

 

ここまで検証(だから違)してみて、出した結論、

アタシくたびれてるの、と明らめよう。

 

そこで、以下のように自分自身に提案してみました。

 

  1. 嫌い、嫌いと思っているとますますイヤになるかもしれないので、どーせやらにゃあイカンことであれば、自分の力のあるうちに済ませることが肝要。
  2. 「買い物に行かなければいけない!」と思い詰めないこと。万一、買い物に行かれなくてもなんとかなるように準備しておくのもいいかも。
  3. 究極は、「買い物に行かなくてもしにやしない」今時、コンビニもあることだし、ましてや我が家は全員社会人だ、自分自身に”役目”のプレッシャーをかけすぎないこと。

 

お、なんだかちょっと好きになってもイイ、かも?!

  

昔大好きだったアイドルの、本だか写真集だかに

 

”嫌いって言ってしまうと、少しは好きになってもいい気がしてこない?”

 

というようなことが書いてあったことを最近思い出しまして。

 

そんなもんですかいのう?

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!

クリックで応援いただけるととてもうれしいです♪よろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村