ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【なんちゃって肌断食】HSP洗顔法、その後【ここが困ったコーネンキ】

 

更年期の困ったことを解決すべく、日々実験中!あだ名はブラック・ジャック(髪型が)猫目宝石です。

 

以前、肌断食再開の記事を挙げました↓ 

www.nazekini.com

 

あれから一か月余り。

ヒートショックプロテイン入浴法を少し調べて、これまた【なんちゃってHSP入浴&洗顔法】ではありますが、続けております。

今回はその後のお話、よろしくお願いいたします。

 

1.HSP入浴&洗顔法とは

 

ヒートショックプロテイン(Heat Shock Proteins)入浴法とは、ざっくりいうと42℃なら10分、41℃なら15分、40℃なら20分入浴する方法です。

 

体温を38℃まで上げて保温することによって作られる、ヒートショックプロテイン(=HSP)を増やし、免疫力をあげて元気になろう、という魂胆です(魂胆?)

 

なので、きちんとやるならば、入浴時に体温を測る必要がありますし、入浴後10分間はせっかく上がった体温が下がらないよう、保温する必要もあります。

 

HSP洗顔法は、HSP入浴法を洗顔に応用したもの。

 

こちらはメイクを落としてから3分を目安に42℃のお湯を顔にかけて洗顔し、その後、42℃にあたためたタオルで覆って2分間保温する、というのが正規の方法です。

 

私はズボラー党ざっくり派なので、体温も計らなきゃ、タオルでの保温もしないので【なんちゃってHSP入浴&洗顔法】

 

2.なんちゃってHSP入浴&洗顔法を解説

 

入浴

41℃でだいたい15分湯につかります。

風呂場に時計はありませんが、録画した朝ドラを観ることで15分としています。

 

洗顔 

桶にためた41℃のお湯に顔をつけます。

過去記事にも書きましたが、42℃でやったら、めっちゃ苦しかったので41℃に(笑)

 

時々顔を上下左右に振ります。これはなんとなく。振り洗いのイメージ(笑)

桶の湯はメイクが浮いて汚れるので、3、4回替えます。

 

なんちゃって肌断食中なので、ファンデーションは塗ってませんが、ポイントメイクはしており、お湯で落とせるタイプのアイブロウ、アイライナー、マスカラを使用中。

 

正直、これだけでは目の周りがうっすらパンダですが、肌断食では多少の汚れが残っても気にしない。(肌の自浄能力を信じましょうということらしいです)

 

そしてナゼか朝にはパンダはきれいに消えている……。

 

3.シャンプーもやめてみた

 

吹き出物対策の一環として、シャンプーもやめてみました。

いわゆる、【湯シャン】というヤツです。

 

ナゼシャンプーをやめてみたかというと、髪に残ったシャンプー成分が刺激になることもあるというのを、見聞きしたことがあるからです。

 

 

すると、ビックリ!なんと吹き出物が消えた?!

 

正確にいうと、顔回り、つまりフェイスラインの吹き出物と、首下から胸椎上あたりの吹き出物がきれいになくなっていたのでした。

 

あれ、肌断食関係ない?むしろ原因はシャンプー?

 

4.【湯シャン】ももちろん【なんちゃって】

 

【湯シャン】とは、ざっくりいうとお湯だけで洗髪する方法。

しかしこちらも正規の方法があります(動物性のブラシでよく梳かしてからとかお湯の温度とか)が、私の場合は、吹き出物のかゆみをなんとかしたい!がための実験のようなもの。

 

とりあえずシャンプーをやめてみたという、湯シャンと、石鹸(マジックソープ)洗髪を取り混ぜた、【なんちゃって湯シャン】です。

 

あ、シャンプーを使っていたころでも、リンスは嫌いで使っていなかった私です。一応書いておきます。

 

さすがに石鹸洗髪後はリン酢していますが(笑)

 

ちなみに、湯シャンの温度は37~39℃

食べたものの関係で皮脂が気になる時は40℃にすることもありますが、HSP入浴は顏とボディだけ。

セクシーナイト (Trance Version)

セクシーナイト (Trance Version)

  • 三原じゅん子
  • ダンス
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 ↑顏とボディときたら、三原じゅん子を思い出してしまう金八世代なもので(^^;

 しかしすごいアレンジ……。 

 

5.一か月余り続けた結果

 

なんちゃってHSP入浴&洗顔法と、なんちゃって湯シャン、一か月ちょっと続けていますが、吹き出物に悩まされることはほぼなくなりました。

 

更年期は、どうしてもホルモンバランスの関係で吹き出物が出る時はありますが、出来ても目立たない小さなもので、痒みが伴うこともほとんどなくなりました。

 

 やったね!

 

白いモノもせっせと食べましたしね(笑)

 

中医学、東洋医学的にみて、秋の養生は肺と皮膚の乾燥対策。

そろそろ寒くなってきたので、冬の養生ですが(笑)

冬の養生は、黒いモノ。またそのお話は追々。

 

私が読んだ、肌断食の本のKindle版ありました↓

最新版 肌断食 スキンケア、やめました

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!