ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【ここが困ったコーネンキ】老化の証拠?【寝汗】と冬の養生

 

f:id:nazekini:20190220090902p:plain

 

【2018年11月14日公開 2019年2月19日更新】

 

 

久しぶりに寝汗をかきましたagain 猫目宝石です。(とはいえ、前回この記事を挙げた頃よりは減りましたよ)

 

更年期の症状で有名な【ホットフラッシュ】

 【寝汗】も、このホットフラッシュの一種で、”血管運動神経症状”だそうです。

私自身は、ホットフラッシュの自覚症状はないですが、更年期に入って寝汗はとくに悩みどころの一つとなりました、とほほ。

なので、いろいろ調べたことをまとめておきます。

 

 

1.寝汗とは

説明するまでもないですが、寝ているときフツーに汗はかきます。

が、何らかの原因でそれが大量になると、不快感や冷えで目を覚ましたり、睡眠を妨げるほどになるような、モンダイのあるものを寝汗と言うことが多いです。

 

ちなみに、健康な時の寝汗はサラサラ、不快ではないので気づかない、ということだそうです。

 

2.寝汗を中医学で調べてみると

寝汗は、中医学、東洋医学でいうと【盗汗】(とうかん)

目を盗む、こそこそ出る、体の水分が盗まれた、等の意味で、

「寝ている時にかく、よくない汗」のことを指します。

  

よくない汗って、ナニよ?

 

実際、寝汗をかくときは、なんらかの病状がすすんでいる可能性もゼロではございません。

例えば、高熱を出したとき、たくさん汗をかきますよね。(うーん、わかりやすい)

 

3.盗汗の原因

ズバリ、老化。そしてコーネンキ(=更年期)

……も、ありますが、中医学、東洋医学では【陰】が不足する、【陰虚】(いんきょ)と考えます。

ざっくりいうと、水分不足、水分代謝の異常です。

 

体を潤して熱を冷ます【陰】

この【陰】が不足してくると、体内に熱がこもりやすくなり、汗をかくことで体内にこもった熱を下げようとする。しかし、汗をかくことにより、再び陰が不足し、またまた汗をかく。

という、魔の寝汗スパイラル。

なので、早めの対処が有効です。 

 

4.【陰虚】の原因

中医学でいうところの【腎】、ざっくりいうと腎臓とその周辺機能ですが、【陰】にあたります。

 

【肝】(ざっくり肝臓とその周辺)や【脾】(ざざっと胃とその周辺)も陰にあたるので、【陰虚】の原因は、

  • 塩辛いものの食べ過ぎ
  • アルコールの摂りすぎ
  • 過食

も入ります。

 

他に、虚弱体質、服用している薬の影響、ストレス、過労、夜更かし、などなど

そして、加齢。これまたコーネンキ(=更年期)

 

5.冬は寝汗をかきやすい?

初めに、”血管運動神経症状”のことを書きましたが、ざっくりいうと、これも自律神経失調状態につながります。

 

冬は日照時間の減少で、日に当たる時間が減ることで、セロトニンの分泌も減ってしまい、これが自律神経、血管運動神経に影響し、冬に寝汗が増える原因の一つとされています。

 

また、中医学で冬の養生は【腎】

ということはつまり、冬に寝汗が多いのは、冬は腎が弱りやすいシーズンだから。

冬は腎を養生することが、寝汗を防ぐのにもカンジン、というわけですな。

 

6.冬に摂りたい腎を養生する食材 

はい、ここで旬のものを食べるだけ【なんちゃって薬膳】の出番です。

冬に摂りたい、【腎】を養生する食材とは黒い食材。

黒い食材とは、黒豆、黒米、ごま、玄米、しいたけ、黒豆、黒きくらげ、ひじきや昆布といった海藻類。海藻類ではのりが旬。

 

今が旬のごぼう、しじみも黒い食材。

 

旬のものでは、牡蠣、イイダコ、ヤリイカなども、腎を養生する食材です。

これら↓の記事にもはりきって書いております。

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

 

7.私が寝汗対策で行ったこと

私が寝汗で困り始めたのはいつだったか……(遠い目)長きにわたりいろいろ試してみました。

お酒を控えてみた 

まずは、アルコールの摂り過ぎを懸念してお酒類を控えました。

ところが、5日間飲まなかった時でも、寝汗の量にさほどの変化がなかったという・プ!なので、お酒に関してはソコソコ程度の気遣いで。

 

陰を補う果物を摂る

次に、水分補給(=陰を補う)のために、なるべく果物を食べるようにしました。 

 

【桂枝茯苓丸】の服用開始

【桂枝茯苓丸】は、【冷えのぼせ】=ホットフラッシュに効果があると言われる漢方薬でもあります。これについてはまた別の記事に挙げるつもりなので、詳しくは割愛。

 

すると、毎晩のようだった寝汗が、気づけば月に一、二度程度に。

(と、書いたのが11月でしたが、3か月ほど経った今では一、二ヶ月に一度くらいになりました)

 

【陰虚】は水分不足だからと、水や白湯をたくさん摂ったりもしましたが、私の場合はトイレの回数が増えただけでした(笑)

果物や野菜からとる水分の方が吸収がいいのかもしれません。

 

あとは、言うまでもないかもしれませんが、下着やパジャマは絹or綿

 

寝汗が始まる前からの習慣で、毎日パジャマ、シーツ、枕カバーを洗濯しておるのですが、シルクは気を付けていても劣化が早いため(体の毒素をシルクが吸っているという説もあり)、冬はネルのパジャマを愛用中。

 

無印良品のパジャマがなかなか快適です。ふわふわ~

f:id:nazekini:20190219204222p:plain

↑マウスで描いた力作(力作?)

www.muji.net

今見たらなんかお安くなってるし。(2019年2月時点)

 

今回のBGMはもちろんこちら。 

Dschinghis Khan

Dschinghis Khan

  • ジンギスカン
  • ジャーマンポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 〽【腎】【腎】仁義、好か~ん♪

 

イブの息子たち 全7巻完結セット(プリンセスコミックス)

 

↑「仁義好かん」でこれを思い出した方いますかね? 

 

 

 

 

……お後がよろしいようで。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

クリックで応援いただけるととてもうれしいです♪よろしくお願いいたします(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村