ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【ここが困ったコーネンキ】老化の証拠?【寝汗】

久しぶりにひどい寝汗で起きた、猫目宝石です。

 

 

更年期の症状で有名な【ホットフラッシュ】

【寝汗】も、このホットフラッシュの一種で、”血管運動神経症状”だそうですわ。

 

私は、ホットフラッシュの自覚症状はないですが、更年期に入って寝汗はとくに悩みどころの一つとなりました、とほほ。

 

なので、いろいろ調べたことをまとめておきます。

 

 

寝汗とは

説明するまでもないですが、寝ているときフツーに汗はかきます。

 

が、何らかの原因でそれが大量になると、不快感や冷えで目を覚ましたり、睡眠を妨げるほどになるような、モンダイのあるものを寝汗と言うことが多いです。

 

寝汗を中医学で調べてみると

寝汗は、中医学、東洋医学でいうと【盗汗】(とうかん)

目を盗む、こそこそ出る、体の水分が盗まれた、等の意味で、

「寝ている時にかく、よくない汗」のことを指します。

 

 よくない汗って、ナニよ?

 

実際、寝汗をかくときは、なんらかの病状がすすんでいる可能性もゼロではございません。

 

例えば、高熱を出したとき、たくさん汗をかきますよね。

(うーん、わかりやすい)

 

盗汗の原因

ズバリ、ロー(以下自粛)

 

もとい

中医学、東洋医学では【陰】が不足する、【陰虚】(いんきょ)と考えます。

 

ざっくりいうと、水分不足、水分代謝の異常です。

 

体を潤して熱を冷ます【陰】

この【陰】が不足してくると、体内に熱がこもりやすくなり、汗をかくことで体内にこもった熱を下げようとする。

しかし、汗をかくことにより、再び陰が不足し、またまた汗をかく。

 

という、魔の寝汗スパイラル。

 

なので、早めの対処が有効です。

 

 

【陰虚】の原因

中医学でいうところの【腎】、ざっくりいうと腎臓とその周辺機能ですが、【陰】にあたります。

ほかに、【肝】(肝臓とその周辺)【脾】(胃とその周辺)も陰にあたるので、【陰虚】の原因は、

  • 塩辛いものの食べ過ぎ
  • アルコールの摂りすぎ
  • 過食

も入ります。

他に、虚弱体質、服用している薬の影響、ストレス、過労、夜更かし、などなど

そして、加齢も。

 

冬は寝汗をかきやすい?

初めに、”血管運動神経症状”のことを書きましたが、ざっくりいうと、これも自律神経失調状態につながります。

 

冬は日照時間の減少で、日に当たる時間が減ることで、セロトニンの分泌も減ってしまい、これが自律神経、血管運動神経に影響し、冬に寝汗が増える原因の一つとされています。

 

また、中医学で冬の養生は【腎】

 

はい、ここで繋がった!冬に寝汗が多いのは、冬は腎が弱りやすいシーズンだから!

 

寒くなってくるこの季節、腎を養生することが、寝汗を防ぐのにもカンジン、というわけですな。

 

私が寝汗対策で行ったこと

私が寝汗で困り始めたのはいつだったか……(遠い目)

 

まずは、一週間に5~6日飲んでいたお酒類を控えました。

ところが、5日間飲まなかった時でも、寝汗の量にさほどの変化がなかったという・プ!なので、お酒に関してはソコソコ程度の気遣いで。

 

次に、水分補給(陰を補う)のために、なるべく果物を食べるようにしました。

 

【桂枝茯苓丸】の服用も開始。

【桂枝茯苓丸】は、【冷えのぼせ】=ホットフラッシュに効果があると言われる漢方薬でもあります。これについてはまた別の記事に挙げるつもりなので、詳しくは割愛。

 

すると、毎晩のようだった寝汗が、気づけば月に一、二度程度に。

 

【陰虚】は水分不足だから、ととらえて、水や白湯をたくさん摂ったりもしましたが、私の場合はトイレの回数が増えただけでした(笑)

 

果物や野菜からとる水分は吸収がいいのかもしれません。

 

末筆になりましたが、

【ここが困るよコーネンキ】としていたものを、

【ここが困ったコーネンキ】に変えました。

 

どーでもいいことですが、「困るよ」の方が語呂はいいけど、現在形だとずっと続くっぽいというか、予言っぽいというか、なんかヨクナイ気がして、過去形に。

 

なにより、自分自身が「困った」からこそ、いろいろ対策しているよってお話だしなーと。

 

なんか真面目に終わってしまった……。

 

 

BGM

  

ジンギスカン

ジンギスカン

  • Berryz工房
  • J-Pop
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 【腎】【腎】ゆーから。

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!