ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【なんちゃって薬膳】CAVA?サバの女王、じゃなくて、薬膳的効能【鯖】

実は、

 

 

家族に内緒で、

 

 

連日……。

 

 

さばを食べています!あー告白!

 

毎日コソコソと、自分だけが鯖を食する後ろめたさ、BUT 止まらないの、さば中毒が♪(スマイル・フォー・ミーのメロディーで)

 

そこで私は考えた。

 

なぜ、こんなにも鯖を欲するのか?

 

f:id:nazekini:20181207145108j:image

鯖の旬

鯖の旬は、秋とも冬とも言われます。

まさに今!

 

ちなみに、私の【なんちゃって薬膳】は、「旬のものを食べるだけ~」なので、家族で鯖食べりゃいーじゃん、というお話ですが、家族に鯖が苦手な者がおるので叶わないのであります(笑)

 

鯖の薬膳的効能

鯖は青魚。

青魚と言えば、USAじゃない、DHAとEPAで有名ですが、薬膳的には【肺】を補って、弱っている【脾】の働きを高める作用がある食材とされています。

 

【肺】とは、ざっくりいうと、肺とその周辺。

ゴホン!と言えば、鯖、冬場に流行りやすい胃腸風邪の予防にもなりますね。

ちなみに、【肺】は皮膚と繋がりが深いので、鯖には美肌効果も期待できます。

 

【脾】は、ざっくりいうと、胃とその周辺。

【脾】には体の水分を司る働きがあるので、むくみにも効果的

 

また、鯖には気血を補う作用もあります。

【気】は、元気、勇気、ポンポポンポポンキッ気

いろいろありますが、ざっくりいうと「体を動かすエネルギー」です。

【血】は読んで字のごとくです。

 

で、冬場は老化もしやすいけれども、ウツにも要注意でして。

日照時間が短くなり、セロトニンが不足気味になったり、また、日本はこの寒いのに年末年始に掃除やらなんやら、行事が多く疲労もたまりがちで元気も少なくなっちまいます。

 

 そんな時、鯖!

 

イライラや不安を解消する効果も望めます!

 

鯖にやすらぎを求めて

私の場合、特定の食材なり料理なりが突然、猛烈に食べたくなることが、しばしばあります。

 

そんな時、「からだの声を聞く」と称して、なるべく食べるようにしています。

カラダが欲するものは、カラダに必要なもの、という考えです。

 

突然、

「鯖が食べたい!しかも焼いたやつ!」

となり、どーしよーかと思いましたが、今はスーパーマーケットのお惣菜コーナーやコンビニにもあるんですね、焼いた鯖。

とっても助かりました!ありがとう!コンビニエンスストアー、ありがとう!スーパーマーケット!すげえしょっぱいけど。(ぼそ)

 

最近は、鯖缶も手に入りにくくなってて、ブームは続いているんだなあと実感。

 

 

と、まあ、そんなこんなで、振り返ってみると、そう言えばここ数日気分が晴れなかった、と思い当たり。

 

私が鯖に求めていたのは、精神安定だったのか、と納得。

 

でも、罪悪感抱きながらコソコソ食べるのは、精神衛生上いいのか?

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

ちなみに、サバの女王(視聴できます)

 

サバの女王 '91

サバの女王 '91

  • アーティスト: グラシェラ・スサーナ
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.
  • 発売日: 2017/05/31
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

余談ですが、CAVA CAVAってイギリスのバンド、名前が印象的で今でも覚えています。Kaja goo gooの弟バンドとかいうキャッチコピーだったような……。名前的にはDURAN DURANの弟バンドって感じだから、デュランだったかな←いつも確かな私の記憶。

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!