ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【なんちゃって薬膳】冬の養生【冬は黒!】

えー、伊勢神宮のお話の途中ですが、ゆるりゆるりと冬が来たので、【なんちゃって薬膳】冬の養生編をお先にお送りいたします。

 

秋は白い食材でしたが、冬は、黒い食材。

 

 ウィンターブラック!ブラックブラックブラッ(←ディレイ)

 

と、呼んでいる、頭のおかしな猫目宝石でございます。

 

 黒い食材

黒い食材とは、ズバリ、黒米、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ。

あと、ざっくりいうと海藻類……昆布、わかめ、ひじきなど。

 

 ブラックサンダーは入りませんよ。

 

あと、 ブラックフライデー?黒いフライの日?

主婦は「フライデー」ゆーたら、揚げ物特売日て思いますやん。(そーかな)

 

冬の養生は【腎】

簡単にお考え下さい。

寒くなるとトイレが近くなるってことありますか?ありますね?(ゴーイン)

【腎】ざっくりいうところの、腎臓とその周辺は寒さに弱いので、冷えるとトイレが近くなる、と。

 

や、トイレが近くに寄ってくる、とかじゃなく。(オカルト?)

 

つまりは、黒い食材を摂って寒さに弱い【腎】を養生しましょう、というのが薬膳的考え冬の陣(ジン違い)

 

腎、腎、ジンギスカーン♪羊も体をあたためる

腎腎ゆーたら、ジンギスカンな私で申し訳もございません。

だがしかし!(オザキ風)

ただのダジャレだけでなく、羊の肉というのは体をあたためるのです!

 

ほーら、これでもう頭の中からジンギスカンが離れない……ふっふっふ。

 

Dschingis Khan

Dschingis Khan

  • Dance Bunny & Endres
  • ポップ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

 

そう、冬は体を温める食材も大事。

羊肉の他に、エビ、鶏肉も体をあたためます。(ちなみににカニは体を冷やすんですってー)

栗、くるみ、ジャガイモ、ニラ、玉ねぎ、ねぎ、かぼちゃなども体をあたためます。

ま、ざっくり旬のものを積極的に摂ればそれでTHE薬膳

 

にんにく、しょうが、山椒、シナモンも体をあたためる効果があるのは広く知られるところ。

朝はシナモン入りルイボスティーソイラテを飲んでいる私です。

(何のことはないルイボスティーに豆乳入れただけ)

 

塩昆布は腎にも財布にもやさしいマルチプレイヤー

ところで私、カンブリア宮殿で拝見して以来、フジッコファンになりまして。

フジッコのふじっ子、つまり塩昆布を常備しております。

 

フジッコふじっ子大袋 52g

 

 

これがねー、超便利!

ツナ缶との炊き込みご飯は定番みたいですが、私が気に入っているのは、豚肉白菜煮!

まあ、テレビCMで有名になった、豚バラ白菜の、ほんだしの代わりに塩昆布バージョンみたいな感じです。

 

  1. 鍋に豚肉(小間肉でもバラでも)と白菜を入れる。この時、白菜は鍋のフチいっぱいまで山盛り入れる。
  2. 1.の鍋に、塩昆布を入れる。一掴みくらいでしょうか。これが味付けになるのでお好みで。
  3. 蓋をして弱火にかける。白菜から出る水分で勝手に煮えます。

 

かんちくりーん!

 

塩昆布からうまみが出るので、塩昆布の塩分だけで十分味が付きます。なんつったって、弱火にかけてほったらかせるので、ラクちん♪

 

(あ、鍋はステンレスの重たい鍋です。油も水も使わずに出来ます。圧力鍋は我が家にないので、わかりませんが、出来そうかな。フタが重めで密閉?できるようなものがイイと思います。)

 

 

塩昆布、乾物だから日持ちはするし、お手頃価格だし、そして黒い食材!

只今、白菜(こればっか)とジップ袋に放り込んで、なんちゃって漬物に挑戦中(笑)

 

【腎】を養生することは、今流行りの「アンチエイジング」にもつながります。

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!