ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【なんちゃって薬膳】おめでタイ!紅葉鯛?

昨日、家族が勤め先から鯛をいただいてまいりました。私の誕生日でおめでタイからいただいてきたと(笑)

 

そこで、今回は【鯛】の薬膳的効能を調べてみました。

 

 

鯛の旬について

鯛の旬は春。

そう言われていますが、一部の漁師さんの間では、紅葉の時期の紅葉鯛とか、産卵のために栄養を蓄えている、一、二月だとか。

 

 結局いつやねん!

 

いただいた鯛は、紅葉鯛ちうことにでもしておきましょうかの。

 

脾の働きを助ける

薬膳的には【脾】の働きを助ける食品に分類される鯛。

【脾】は、胃腸とその周辺の機能と考えていただいてOKです。

 

また【腎】にもよく、水分代謝をよくするので、むくみにもいい、と。薬膳的に、

 

【腎】の弱りは老化の証拠!

 

 誕生祝いにぴったりの食材。

 

 

鯛、白身魚の栄養

鯛は今が旬の鮭と同じ、白身魚。

白身魚といえば、低脂肪、高たんぱく、イメージはダイエットフードですが、タウリンが多いんですって!

 

ご存知、タウリンは疲労回復に有効なので、これが【腎】によいということか。

 

低脂肪、ということで、当然消化吸収も優れています。

まさに、【脾】の働きを助けますね。

 

 

 

f:id:nazekini:20181113145935j:image

 

こうしてみると、それぞれ違う魚相。

一番下の鯛なんか、残念感ハンパない表情だ……。

 

 

写真の鯛は家族がさばいて塩焼きにしてくれたので、焼酎と共にいただき、食べきれなかった分は、今朝ほどお茶漬けにしていただきました。

 

 大変美味しうございました。

 

 

遠方に住む友人からもプレゼントが届き(いつもありがとうございます!)、その中にマルメロの実がありました。

 

初めて聞いた【マルメロ】という響き♪

そしてとっても好い香り!

 

f:id:nazekini:20181113160049j:image

 

 

あんまりにもイイ匂いなので、何かしら効能があるんじゃないかとインターネットで調べてみましたが、情報は得られず、ぶりゅん。

 

「西洋かりん」とも呼ばれ、カリン同様、咳止め効果があるようです。

 

【香り】は脳を直撃!するので、香りを嗅ぐだけでも薬効が期待できます。

芋焼酎の香りを嗅ぐことの効果も書いた記事がこちら↓

www.nazekini.com

 

 

とてもとても有難い一日でした。

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございます!