ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

冬季うつには、みかん!みかん!みかん!【なんちゃって薬膳】冬の養生

冬は日照時間の減少でセロトニンがうんぬんかんぬん。

加えて、お年頃ザッツ・コーネンキ(=更年期)であれば、ウツもパねえ

 

そんなアナタ。いや、ワタシ?

冬は柑橘類が旬を迎える季節、そう、今こそ柑橘類を摂ろうではありませんか!

旬のものを食べるだけ【なんちゃって薬膳】、今回はみかん!みかん!みかん!

 

【こたつdeみかん】を考えた

冬の風物詩、【こたつdeみかん】や、こたつでみかん。

いわゆる、【こたつむり】と化した体から伸びるのは、触覚ならず、みかんを探る腕。

なんていうのは、もう昭和の昔話ですかねえ、我が家もこたつのない生活。

 

ま、でも、実はこたつでみかんというのは、あまりおススメ出来ないんですわね、薬膳的には。

ナゼかというと、みかんは薬膳的には【温】性の食材。つまり、体を温める作用があるんです。

 

よっぽど凍えているならいざ知らず、こたつで暖まりながらみかんを食べすぎれば、のぼせちゃうかもよ、と。

 

まあでも、今の日本、冷え切った身体の方々が少なくないですからねえ。

どっちやねん。

ちなみに、柑橘類には体を冷やす【寒】性や【涼】性のものもあります。

 

みかんは捨てるとこナシ

〽ちんぴー、ちんぴー、月にいちィどォ~♪あ、これは、神秘か。

えー、【陳皮】

お目にされたり、お耳にしたことがある方々もいらっしゃると思いますが、ズバリ漢方薬として処方される、生薬の一種です。

 

さて、この陳皮、実はみかんの皮を干したもの。

皮を捨ててはいけないゼ、とも歌われておりますが、干したものをお茶のようにして飲むと、香りでリラックス&リフレッシュ、血流促進、風邪予防!

〽風呂に入れてあったまればポカポカ~♪

 

みかんのうた

みかんのうた

  • SEX MACHINEGUNS
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ええリフや~。

 

もとい。

 

また、みかんの白いスジスジの部分には咳や痰をしずめる作用があります。

なんとなくキレーに剝きたくなる衝動にかられますが、スジは取りすぎない方が栄養になるみたいです。

 

みかんの薬膳的効能

ちらりと書きましたが、みかんは【温】性の食材で、体を温める作用があります。

咳や痰をしずめることも書きました。また、胃の調子を整え、【気】の巡りを良くします。これね、これ。

 

そう、みかん始め、柑橘類には【気】=体を動かすエネルギーの巡りをよくする作用があるので、アロマテラピーでも、リフレッシュ効果やストレス緩和、不眠やうつに効果があるとされています。

ね、冬季うつにはもってこいでございましょう?

 

猫目宝石の見解 

夏目漱石気取りの猫目宝石が考えるに、みかんのよいところは、その実の効果のみならず、手指を使って剝くところにもあるのではないかと。

 

手指を使うことが脳に良い刺激を与えることは広く知られておりますが、さらに、剝いた時に皮の組織が壊れて、香りを放つ!香りは脳を直撃する(鼻の奥には松果体♪)ので、これまた効果的!なんじゃあないかと。

 

とはいえ、アレルギーやドクターストップのある方々は食べちゃダメですよ。

 

 

永遠の野原 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

永遠の野原 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 

 ↑「みかん」というと犬を思い出します。このマンガに出てくるコのように、仔犬のころは耳がたれていたので「みかん」と名付けたのです。

 

お読みいただき、ありがとうございました!