ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

マカダミアナッツチョコレートを中毒並みに欲するので調べてみた【なんちゃって薬膳】

鯖ブームの最中、もう一つのウェーヴが起こりまして。

 

タイトル通り、普段はほとんど食べない、

マカダミアナッツチョコレートを狂ったように食べている私です。

 

そこで、マカダミアナッツにナニがあるのかを調べてみました!

 

 

 

マカダミアナッツの栄養

ナッツ類の栄養については、天然のサプリといわれるほどですが、マカダミアナッツには、皮膚の再生化を促す作用があるといわれている、パルミトレイン酸が豊富に含まれていますので、老化を防ぐ効果が期待できます。

 

また、パルミトレイン酸は血中に溶け込みやすく、血管を丈夫にもします。

(血管の病気経験者の私) 

勿論、ナッツ類なので、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富。

 

お酒のおつまみに、コーヒーのお供に向いている理由

お酒もコーヒーも利尿作用があります。

カリウムは尿と一緒に排出されてしまいます。

と、いうことは!

お酒やコーヒーのお供にナッツ類とういう風景(風景?)は昔からよく見られますが、理にかなったことだったのね!

 

ええ、お酒もコーヒーもとてもよく嗜みます。

 

マグネシウムって大事

マグネシウムが不足すると

  • 頭痛
  • 便秘
  • うつ病などの精神症状

他にも、骨粗しょう症、動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高まることもありますって、コワ。

 

ところでここで、心当たりが。

 

ここ三日ばかり、頭痛と吐き気に悩まされておりまして。さらには、毎日体からのお便りはあるけれども不完全燃焼(便秘気味)、鯖の記事でも書きましたが、精神不安……。

 

www.nazekini.com

 

マカダミアナッツってより、マグネシウムを欲してた?

 

 

 

薬膳的に考えてみると

 

マカダミアナッツを薬膳で調べてみましたが、ざっくりナッツ類でまとまっていました。

ナッツ類、薬膳的には松の実などもナッツ類らしいですが、やはり秋から冬にかけてよく食べられるアンチエイジング食材のようです。つまり【腎】を補う食材

 

冬は【腎】の養生ですから、急激に冷え込んできたのもマカダミアナッツを欲した理由かもね。SOかもね。

 

チョコレートとの関係は

冬は【腎】の養生で、黒い食材を摂るといいという記事を書きました。

 

www.nazekini.com

 

チョコレートは黒っぽい!

 

……と、思いますが、残念ながらチョコレートは”食材”ではなく、食品。

つまり、カカオやお砂糖などの食材を混ぜたり加工して出来上がったものなので、黒い食材にカウントされません。しょぼん。

 

ですが、カカオは黒い食材。

冬に、しょうがココアがイイとか言われるのも納得ですね。試したことありませんが。

 

ココアにはシナモン派です。シナモンは常備、コーヒーにも紅茶にもフレンチトーストにもかけます。我が家の冷蔵庫にあるのはコレ↓

 

S&B ORGANIC SPICE 有機シナモン(パウダー) 22g

S&B ORGANIC SPICE 有機シナモン(パウダー) 22g

 

 

 

さて、私がナゼ、マカダミアナッツチョコレートに執着したのかというと、おそらく、最寄りのスーパーマーケットにはマカダミアナッツが食べられるのは、マカダミアナッツチョコレートしかなかったからだと思います。

 

結論、冬のおやつはナッツ類

マカダミアナッツチョコレートは置いといて。

ナッツ類は冬の養生、【腎】を補う食材であることからも、寒い時のおやつに最適ですね。

お酒を飲む機会の増える時期でもありますし、寒くなって温かいコーヒー、紅茶を飲む機会も増えてくると思います。そんな時にも、傍らにナッツ

いつもポケットにショパンナッツ!

 

明治 マカダミアパティスリー 42g×6箱

 

明治 マカダミアチョコ 9粒×10個

 

 

ロッテ マカダミアチョコレート 9粒×10個

 

洗濯するときはお気を付けください。(直で入れるか)

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました!