ナゼかキニなるエトセトラ

薬膳、マンガ、ドラマetc.とコーネンキのお間抜けな日常

【読書感想】涙活にもってこいの映画「カラスの親指」の原作本をやっと読了【どんでん返し映画】

 

読書の秋ですね、本も好きな猫目宝石です。

 

この秋、13年ぶりに続編が放送される「結婚できない男」↓ 

www.nazekini.com

 

主演の阿部寛(敬称略)は好きな俳優さんのお一人。

 

今回は、その阿部寛ご出演の映画作品「カラスの親指」について記事にします。よろしくお願いいたします。

 

1.「カラスの親指」とは

 

「カラスの親指」とは、道尾秀介(敬称略)のカラスの親指 by rule of CROW’s thumb』を原作とした、2012年11月に公開された映画作品。

主演は阿部寛

カラスの親指 by rule of CROW's thumb  通常版【DVD】

 

私自身は、DVDになってから知ったという(^-^;

 

それも、たまたま手に取ったので、何の予備知識もなく拝見したのですが、これがまたえらくハマってしまって、何度か拝見しています(笑)

 

2.「カラスの親指」ストーリーとキャスト

 

「カラスの親指」の”カラス”とは、黒=くろうと(玄人)のこと。

この物語ではサギ(の玄人)を指しています。

 

主人公”タケ(阿部寛)”は普通のサラリーマンでしたが、友人の保証人になったことがきっかけで闇金業者に追われ、職を失います。挙句に、幼い娘をも失うことになり、だまされる側からだます側になってやると決め、成り行きで”テツさん(村上ショージ)”とコンビを組んで”仕事(=サギ)”をしています。

ある時二人は、スリに失敗した少女”まひろ(能年玲奈)”を救い、それがきっかけでまひろとまひろの姉”やひろ(石原さとみ)”と、その恋人”貫太郎小柳友”との5人で暮らすことになりますが、かつてタケを追っていた闇金業者が再び現れ、家族のように暮らしている5人の生活を脅かします。

そこで、5人は闇金業者”ヒグチ(鶴見辰吾)”に復讐しようと立ち上がりますが……。

(全て敬称略)

 

ストーリーはこんな感じのミステリー

 

主要キャスト5人それぞれの抱えている過去がかなり辛いものがありますが、俳優の皆さんの”味”なんでしょうか、ホームドラマのように心温まるほっこりした雰囲気。

 

ラストに大どんでん返しがあって、ホントに驚いた私ですが、そうだったのかと胸をなでおろして、すぐに二回目を鑑賞しました。

 

そう、この物語の最大のポイントは大!どんでん返し。

 

ホントはもう少しあらすじをご説明したいのですが、ネタバレになってしまうので💦

 

どんでん返しものは、種を明かされてしまうとその後は観ないモノですが、オチを知っていても何度も観たくなるという魅力的な作品。

 

なので、そこのあたりを語りたいのですが、むぐぐぐぐ……。 

 

3.『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』の感想

 

「カラスの親指」を拝見してから、ずっと原作本を読みたいと思っていまして。

なんだかんだで読み損ねておりましたが、数年経ってwようやく読むことができました。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

 

映画作品を数回拝見していたこともあって、読んでいて情景がスッと浮かび、映像を観ているかのようにスルスル読み進められました。

 

映画では省かれていた部分や、変更されている部分(これも書いてしまうとネタバレに。むぐぐ)に違和感を感じることもなく、むしろ原作も深くて好い、と感動。

 

肝心のラストが、映画と原作本で大きく違うのですが、そこにもそれぞれ納得。

 

でも、先に原作本を読んでいたら映画のラストに違和感覚えたかもしれません。映画→原作本でよかったなと。

あ、見どころである大!どんでん返し部分は同じです、ちゃんと(ちゃんと?)

 

細かい描写の違いはあれど━例えばタケは身長が高くないという原作本での設定とか━登場人物のイメージが映画で観たのとぴったり重なったことがうれしかったですね。

 

テツさん役の村上ショージがいい味なんですよ~そのイメージで原作本を読んで、再び映画作品をみるとイルカがちらついてw

(原作本ではテツさんの顔がイルカに似ているという描写が出てきます)

 

先日始まったばかりの後期の朝ドラ「スカーレット」にもご出演ですね、村上ショージ

(”慶乃川善” 主人公に信楽の土の良さを語る陶芸家の役)

www.nhk.or.jp

これまた大好きな戸田恵梨香(敬称略)主演で楽しみ楽しみ♪

フレア

フレア

  • Superfly
  • ロック

↑朝ドラ主題歌はSuperflyで、なんと「フレア」!炎のことですね(焼き物の)

 

と書くと、村上ショージのご出演を初めから知っていたかのようですが、実はこの記事を書いたあとに朝ドラを観ていて知ったことで、たいそう驚きました、私(笑)

 

もとい。

 

「カラスの親指」はレンタルビデオ店にもあるとは思いますが、amazonプライムビデオでも配信中です↓(プライム会員は無料で視聴可能です)

 

↑キャッチコピー「衝撃のラストには衝撃のウラがある」

最初にDVD観た時には気づきませんでしたww

 

一度観て、大どんでん返しにつながる伏線を探しながら二度目を観るのもオツなもの。

 

ミステリー部分の緊張と、ホームドラマチックな緩和が絶妙なバランスなんでしょうね、ハラハラドキドキ、笑って、泣いて、涙活にもってこいの作品です。

 

コーネンキ(=更年期)のストレス解消にこの一本!

秋深し、私はビデオを観る人ぞ←宣言?

 

 

お読み戴きありがとうございました!

関連記事はこちら↓ 

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

www.nazekini.com

 

クリックで応援いただけるととても嬉しいです。よろしくお願いいたします(^^)にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ
にほんブログ村